旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【美しく魅力的な文字が書きたい、字を綺麗に見せるコツをご紹介】

      2017/12/14

年賀状や季節の挨拶状など、はがきや文書を取り交わすことが多くなるこの時期になると、文字が綺麗に書けたらなと思うことありませんか?

最近ではパソコンを使って、印刷で済ませてしまう方も多いかもしれませんね。でも一枚一枚心を込めて書いた手書きの文面はまたひと味違ったもの。書いている間は相手のことを思い懐かしむ、そんな温もりが手書きの文面からは感じられます。

パソコンの普及でめっきり文字を書かなくなった、以前より文字が上手く書けなくなったなんて方も多いのだとか。そこで文字を上手に書く、上手に見せるコツをまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

文字1文字を綺麗に見せるコツとは

まずは1文字ずつ綺麗に見せるコツをみていきましょう!

・横のラインは右上がりに

横のラインは約6度の角度で右上がりに書くと綺麗に見えるのだとか。普段字を書く時に6度を意識するのは難しいですから、ご自分の感覚で少し右斜め上がりを意識して書くといいようです。また横ラインが何本かある文字(例えば「春」のような)は、それぞれの傾きはできるだけそろえると美しく見えます。

・重心は右下におく

漢字には右にはらう文字が多いですよね。例えば「大」や「美」のように右へのはらいがある文字はそのはらいに重心をおくと安定感のある美しい文字に見せることができます。右のはらいは若干長めに筆圧をかけて書くのがコツでよ。

・文字の隙間は均等にとる

それぞれの文字にある間隔は均等にするというのも文字を美しく見せるコツ。
例えば「美」なら横のラインは等間隔に、「目」や「田」なども空間が等間隔になるように書くと綺麗に見えます。

・書き始めには「ため」、とめ・はね・はらいもしっかりと

スポンサーリンク

お習字を経験したことのある人はおそらく聞き覚えがあるのではないでしょうか。
書き始めはしっかりと筆を止めて「ため」を作りますよね。それと同様に左斜め45度を意識して、しっかりとためを作ると大人っぽい知的な印象になりますよ。
また同様に書き終わりの「とめ」はしっかりと「はね」や「はらい」も文字を生き生きと見せてくれますので、きちんと意識して丁寧に書くとよいようです。

バランスよく綺麗に見せるコツ

・漢字10:ひらがな8:カタカナ7の法則

メリハリのある美しい文書を書くためには文字の大きさに気を配るのも大切なのだそう。
文字の大きさの比率は、漢字10:ひらがな8:カタカナ7(または6)くらいがベスト。これと同じで、画数が多い字は大きめに、画数が少ない字は小さめに書くとメリハリがついて読みやすくなります。

・字と字の間は広め均等に

字と字の間はあまり詰めすぎずに、適度な間隔を開けて書くと、余裕のあるゆったりとした印象でバランスよく綺麗に見えます。この時それぞれの間隔はだいたい同じくらいに、ベースラインに気をつけ、上下左右に曲がったりしないようにも心がけます。

・ひらがなはおおらかに描いて美しく

ひらがなは柔らかな曲線を使った、丸みを帯びた形のものが多いですよね。
このひらがな特有の美しさを表現するためにも、ひらがなはふんわりと柔らかく、描くように書くと綺麗に見えます。画数が多く角ばった形が多い漢字との相性もよくなり、全体で見た時にバランスよく美しく見えるのです。

具体的な練習方法

すぐにできる簡単な練習方法をご紹介します!

・直線やらせんをきちんと書く

自由にペン動かせるように、まずは縦横の直線をまっすぐしっかりと書く練習を。「の」の字を繋げたようならせんは自由かつ滑らかにペンを動かす練習になるので、何度も繰り返し書いてみるといいようです。

・正しくペンを持ち筆順を守る

ペンの持ち方が正しくないと自由にペンを動かすことができません。正しい持ち方を練習することも字の上達につながりますよ。また筆順は字を綺麗に書く上で理にかなった順番になっているので、守るに越したことはありませんね。

・綺麗な字をなぞる

綺麗に書かれた文字を下敷きにして、ひたすらなぞるという練習法もとっても効果があるのだとか。
初めは慣れなくて感覚がつかめなくても、やっていくうちにコツがつかめるようになり、やがて何気なく文字を書くときも、自然と美しい文字が書けるようになるのだとか!試してみる価値ありですね。

まとめ

人の前でも堂々と書ける美しい文字、なんだか憧れちゃいますよね!
文字は練習すれば誰でもある程度綺麗に書けるようになるのだそう。自分には才能ないなんて諦めずに、まずはお気に入りのペンをみつけて、モチベーションアップから始めてみるのもいいかも知れませんね!

スポンサーリンク

 - 学び