旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【押し迫った、今年はどうする、お歳暮の由来や相場、どんな商品が人気なの?】

      2017/12/02

今年も年末が近づいてきました。
この時期になるとお世話になった方や親戚、友人などへ、毎年お歳暮を送っているという人も多いことと思います。

相手のことを思いながら、どんなものを送ろうかとあれこれ考えるのは楽しい反面、魅力的な商品がたくさんあって毎年悩んでしまい、なかなか決められないなんてことも多いですよね。

そこで今回はお歳暮の意味や由来 、相場や人気の商品など紐解きながら、お歳暮をセレクトする際のヒントなどを探って行きたいと思います。

スポンサーリンク

意外と知らない?お歳暮の由来や意味について

お歳暮は元々、お正月に先祖を迎える御霊祭りのために用意されるお供え物だったのだとか。

新年に福を呼び込むために用意するお供え物という意味合いがあり、それが徐々に嫁いだ娘や分家した人が実家や本家へ「新年を迎えるにあたり使ってください」という意味合いを込めて贈りものをするという風習になっていきました。

さらにそれは少しずつ形を変えて、現代ではお世話になった方や実家・親戚、仕事関係の上司や取引先、友人や知人までと幅広く、一年の感謝を込めて品物を送り合うようになっていったのだそうです。

お歳暮を送る時期や相場は?

お歳暮を送る時期は一般的に12月初旬~12/20くらいまでとされています。
地方によっては、お正月を迎える準備を始める「事始めの日(12/13)」から送りはじめるところもあるのだとか。
近年ではお歳暮商戦が早くから始まる傾向にもあり、何かと忙しい12月に入る前、11月の下旬頃から送り始める方も多いとのことです。年末間近になってしまうと、各ご家庭も忙しくなってくるので、12/20くらいまでに到着するように送るとよいようです。

また贈りものの相場は送る相手によって少しずつ違ってくることが一般的。
お世話になった方や仕事関係の取引先などが最も高くて5000~10000円くらい。両親や義両親は5000円前後、友人知人や親戚関係は3000~5000円くらいとしている方が多いようです。

スポンサーリンク

もちろん気持ちですから、すごくお世話になった方へもう少し高額なものを送ったり、相手が気を使わないようにと、少しカジュアルな贈りものをチョイスされる場合もあるようなので、シーンに合わせて臨機応変に対応していきたいですね!

お歳暮の人気商品にはどんなものがあるの?

デパートやスーパーのお歳暮コーナーにはお歳暮用のギフトが豊富に用意されていて、本当に迷ってしまいますよね。あの人には毎年これ、というようにすでに決めているという人が多いというのも納得です。

商品選びの際に気をつけたいのが、毎年送る相手には毎年同じくらいの価格のものを選ぶこと。その年によって安かったり高かったりしては失礼にあたってしまいます。

人気商品の定番は、やはり毎日使う調味料や洗剤など日用品の詰め合わせ。相手の好みのメーカーやブランドが分かれば選びやすいですし、あれば使う物ですから重宝しますよね!

またこちらも定番、ハムやソーセージ、海苔や佃煮など日持ちする加工食品の人気も根強いそう。自分ではあまり買わないかなというくらいのちょっといい物はもらう側からも喜ばれますよね!

その他にもグルメ好きなお相手にはグルメギフトやお酒、産地ならではの美味しいものなども喜ばれるため、選ぶ方が多いようです。

まとめ

今年一年お世話になった方へ、精一杯の感謝の気持ちと、素晴らしい新年が迎えられることを願って送るお歳暮。
贈りもの選びには迷うことも多いですが、相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、選ぶ側も楽しくセレクトできるといいですね!

スポンサーリンク

 - 暮らし