旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【今さら聞けないお歳暮の常識。いつ頃何を送るの?】

      2017/11/25

1年の終わりを感じ始めると、スーパーなどではお歳暮フェアが開催されます。
このお歳暮ですが、いつ頃誰に送るのかご存じですか?
大人なら知っておきたい、今さら聞けないお歳暮のマナーについて今回ご紹介いたします!

スポンサーリンク

お歳暮の由来

お歳暮という言葉を耳にしたことがあるという人が多いと思います。
自分の親が子供の時に、「そろそろお歳暮の用意しなくっちゃ~」とバタバタと買い物にでかけた記憶が残っている人も多いのではないでしょうか。このお歳暮ですが、そもそも何のことなのかご存じですか?

お歳暮とは、年末にお世話になった人に「今年一年お世話になりました」と感謝の形を表すために、食べものや飲みものなどを送る習慣のことを言います。昔は嫁いだ人や分家した人が、新年に先祖の霊へのお供え物を感謝の気持ちを添えて、本家や親元に持って行っていました。現代では大きく様変わりし、親しい人に一年の感謝をこめて物を送るようになりました。
今も昔も、感謝を込めて物を送るという習慣が残っているのが、礼を重んじる日本人の古き良き習慣ですね。

今さら聞けないお歳暮のマナーとは

お歳暮を送るには、1年の終わりならいつでも良いというわけではありません。
お歳暮には送る時期や送る物の値段相場など、今さら人には聞けないマナーがあります。
それでは、そのマナーを詳しくみていきましょう。


お歳暮を贈る時期

スポンサーリンク

地域によって異なりますが、12月10日~20日の間に送るのが一般的です。
年末に入ると忙しいという人が多いので、遅くても12月20日までに先方宅に着くように手配しておくと無難です。

デパートや大手スーパーなどでは、11月中旬~下旬ごろから「お歳暮フェア」が開催されることが多く、時期より早く注文することで、2~3割程度安くお歳暮を購入することができる場合があります。

お歳暮を贈る相手

一般的な送り先は、両親や義父母・仲人・親戚・兄弟姉妹・友人・会社関係者です。
子供が習いごとをしている場合は、その先生に送ることもあります。
会社関係などで送る場合は、そもそも上司などに贈り物を贈ることを禁止している場合もあるので、事前に確認しておきましょう。


お歳暮の値段相場

会社の上司や親しい人には5,000円~10,000円程度。
親戚関係には3,000円前後が目安です。

肉加工品やビール・ジュース、缶詰の詰め合わせなど日持ちするものが喜ばれます。
また、どれを贈ったら良いか分からない場合はカタログギフトがおすすめです。

お歳暮にお礼は必要なの?

お歳暮は1年の感謝を込めて送るものなので、お礼の必要はありません。
そのため、約3日以内にお礼状を送るようにすれば問題ありません。
また、相手が喪中の場合でもお歳暮は送っても問題ありません。
しかし不幸があって日が浅い場合は、白いのし紙に「御歳暮」と記入して送るようにしましょう。

まとめ

お歳暮は1年の感謝を伝えるために物を送ることを言います。
今も昔も続けられている古き良き習慣ですので、今さら人に聞けないことも多くあると思います。
一般的には12月10~20日までに送るようにし、何を送ったら良いか分からない場合はカタログギフトを送ると良いでしょう。
今年のお歳暮を送る際は、今回ご紹介したことを参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

 - 暮らし