旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【「途中下車」のルールは旅費の節約になる】

   

途中下車は、実際に改札の外に出てその土地を観光したり、用事を済ませることができるお得な制度です。この途中下車は、一定の条件を満たせば利用することができ、行動範囲を広げられると同時にお得に切符を購入することができます。

今回は、途中下車でお得に切符が購入できる仕組みと条件について調べてみました。

スポンサーリンク

途中下車は切符代が安くなる

バラエティ番組などでも耳にする「途中下車」という言葉は、実は改札内でいったん下車して飲食を済ませるだけではありません。
一定の条件を満たせば、改札の外に出てその土地を観光し、再び改札内に戻って移動を続けることも可能です。

便利な途中下車ですが、便利なだけでなく切符代もお得になることをご存じでしょうか。

JRの運賃は、乗車するキロ数にある賃料をかけたものを四捨五入するなどして計算します。
そしてこの賃料は、キロ数が長くなればなるほど低くなるように設定されています。

<本州JR線の場合のキロ数>

●300kmまでは、16.20円/km
●301kmから600kmまでは、12.85円/km
●601kmからは、7.05円

これらを見ると分かるように、300kmまでの賃料と601kmまでの賃料を比較すると半額以下になります。
この金額は、往復割引や学割よりも安い計算になります。

途中下車で安くならない場合

途中下車を利用するためには、以下のような一定の条件が存在します。

<途中下車が利用できないケース

 ●100km以下の乗車券
 ●大阪・東京・福岡・仙台・新潟の各大都市近郊区間内で完結する乗車券
 ●回数券
 ●一部のトクトクきっぷ
 ●ICカード・特急券・急行券・グリーン券・寝台券・指定席券・乗車整理券・ライナー券

スポンサーリンク

片道のキロ数は、JR東日本とJR東海・JR西日本の場合は、1,940円以上の普通乗車券なら途中下車が可能です。
大都市近郊区間内については、JR各社のHPや時刻表などに乗っているので、事前に確認しておきましょう。

距離が長ければ往復割引乗車券がおすすめ

JRには、○○割引乗車券といった様々な割引切符が販売されています。
しかし、これらの割引切符の一部は前述したように途中下車することができません。
しかし、往復割引乗車券の場合は途中下車することができます。

往復割引乗車券は、601km以上であれば、ゆきとかえりのそれぞれの運賃が1割引にすることができます。

乗車券の有効期間はいつまで?

乗車券には有効期間があり、その有効期間内でしたら再び改札に入って移動を続行することが可能です。
片道乗車券の場合は、100kmまでは当日限り。
200kmまでは2日、それ以降は200kmごとに1日追加されていきます。
例えば、東京駅から大阪駅までの片道乗車券の場合は、総距離556.4kmなので4日間有効になります。

また、移動の途中で乗車券の有効期間が過ぎてしまった場合は、途中下車をしなければ着駅まで行くことができます。

まとめ

一度改札を出てしまえば無効になってしまうイメージのある切符ですが、一定の条件を満たせば途中の駅で改札の外に出て観光したり、用事を済ませたりすることが可能な途中下車をすることができます。

この途中下車は、距離が長くなればなるほど賃料が安くなるため、キロ数が400kmを超えたら積極的に活用するようにしましょう。
また移動距離が601km以上であれば、往復割引乗車券を利用することができます。

ご紹介したことを参考に、是非旅費の節約のために途中下車を利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 - 暮らし