旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【バラの香りは女性の味方!バラ水と精油の手作り化粧水】

   

スポンサーリンク

 

うっとうしい梅雨時期、バラの香りを楽しんで、さわやかに過ごしたいですね。

バラの香り(バラの精油)は、非常に高価ですが、バラの精油よりはるかに安価で、それでいてバラの香りを楽しめる品があるのです。

それが、バラ水(ローズウォーター)です。

バラの精油の副産物であるローズウォーターは、バラの香気成分を多量に含み、その香りでうっとりとさせてくれます。

ローズウォーターは肌にも良く、手作り化粧水の材料として使えます。

今回は、バラやローズウォーターの効果と、ローズウォーターでの化粧水の作り方について説明していきますね。

バラの香りの効果

その香りは、女性ホルモンのバランスを整えてくれることが証明されています。

また、心を癒やし、喪失感や悲嘆、苦しみを和らげてくれる香りです。

頑張りすぎたり、依存したりする時にも効きます。

諦めや無気力、無力感を感じる時にも優しく包み込んでくれる香りです。

 

ローズウォーターの効果

ローズウォーターは、バラの香りの効果だけでなく、肌へのいろいろな効果を持っています。

・抗菌作用

・保湿作用

・収れん作用(毛穴などを引き締める)

・皮膚軟化作用(エモリエント作用)

・抗炎症作用

・湿疹の緩和

 

 

ローズウォーターと精油での化粧水の作り方

多くの効果を持っているローズウォーターは、実は化粧水づくりの材料にぴったりです。

安価ながら肌への効果が高い精油と合わせることで、その効果は倍増します。

 

化粧水の基本的な作り方

{材料}

ローズウォーター45ml

グリセリン5ml

精油5滴

遮光スプレー瓶50mlサイズ

・ビーカー(あれば)

・ガラスか金属でできたスプーン

{作り方}

・グリセリンに精油をよく溶かす

・精油を溶かしたグリセリンにローズウォーターを少しずつ入れてかき混ぜて溶かす

・ローズウォーターとグリセリンがよく混ざったら遮光スプレー瓶に入れて完成

・顔にスプレーする前によく振るようにする

 

 用途的おすすめの精油の組み合わせ

【アンチエイジングブレンド】

ゼラニウム2滴×ローズウッド3滴

ゼラニウムはしみとシワを予防し、ローズウッドはできてしまったシワ・しみ・そばかすに効きます。

ローズウォーターは皮膚軟化作用があるので、しみとシワのない柔らかな肌を取り戻してくれるでしょう。ゼラニウムとローズウッドはバラに近い香りがするので、香りの面でもお勧めのブレンドです。

 

【ニキビ対策ブレンド・ニキビ全般】

ラベンダー4滴×ティーツリー1滴

ローズウォーターには抗菌作用と抗炎症作用がありますが、それを高め、ニキビ対策にアレンジしたのがこのブレンドです。

ラベンダーは皮膚組織再生作用があり、ティーツリーは抗炎症作用と強い抗菌作用があります。アクネ菌を殺菌しつつ、ニキビの傷を再生するのにおすすめのブレンドです。

ティーツリーは森林のような草原のような清々しい香りがするので、このブレンドは草原の花畑のような香りがします

【ニキビ対策ブレンド・白ニキビ】

サイプレス2滴×ティーツリー1滴×クラリセージ2滴

ニキビは初期で抑えるのが大事です。サイプレスは毛穴を引き締める作用があります。クラリセージは皮脂の分泌を抑える作用があります。

サイプレスは森林の香りがし、クラリセージはマスカットのような香りがするので、森林で花や果物を触っているような香りがします。

 

まとめ

 今回はローズウォーターを使った化粧水の作り方でした。

他にも、美白に役立つ精油の組み合わせとしてはローズマリー3滴×ラベンダー2滴などがあります。

私はここ数年使い続けていますが、肌の調子も整うし、何よりリッチなバラの香りに癒されます。

精油の組み合わせ次第でいろいろな効果が見込めるので、いろいろな精油を試してみてくださいね。

 

 

 - 美容、健康