旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【ふるさと納税の仕組みと申し込み方】

   

テレビCMなどで話題となる「ふるさと納税」
ふるさと納税やろう!と思っても、「難しそう」との理由で、まだふるさと納税を行っていない人も多いのではないでしょうか。
実は、ふるさと納税はスマホやパソコンから、家事や育児・仕事の隙間時間に行うことができるくらい、簡単ってご存知ですか?

スポンサーリンク

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、納税とはいいますが、地方自治体への寄付を通じて地域創生に参加できる制度のことをいいます。自分の生まれ故郷だけでなく、お世話になった地域や
応援したい自治体に寄付を通じて地域創生に参加ができる制度を「ふるさと納税」と言います。好きな自治体に寄付金を贈ることができるのが特徴です。
そのお礼として、その土地のお米やお肉といった特産品や名産品が「お礼品」として貰えることから人気を集めています。

ふるさと納税が注目される2つの理由

①地方自治体への寄付をして地域を応援するとお礼品が貰える。
 確定申告をすれば税金が一部もどってくる。
②控除上限額の範囲内であれば自己負担はなんと2,000円で済む!という訳です。

ふるさと納税によって集まった寄付金は、自然保護や文化財の保全、子育て支援などの町づくりに活用され、災害時の被災地支援にも役立てられます。
 ふるさと納税の仕組みはカンタンです。

ふるさと納税の申し込み方

「難しそう」とのイメージを持たれている方が多いふるさと納税ですが、実はインターネット上で簡単に行うことができます。
一番簡単なやり方は、ふるさと納税ポータルサイトで行う方法です。返礼品選びから納税まで、すべて下記のサイトで行うことができます。

●「さとふる」
https://www.satofull.jp/

●ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/japan.html

スポンサーリンク

今回は、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」での、超簡単な寄付の仕方をご紹介いたします!

1 寄付したい自治体を選ぶ

まずは、受け取りたい返礼品を選びます。
選んだら、カートに入れるだけで、寄付する自治体選びが完了です。

返礼品は、サイト上部のランキングや、実際に寄付したい自治体を検索したりすることで選ぶことができます。
年末になると混み合い、返礼品の発送が遅れてしまうので、お正月に返礼品を楽しみたいという人は、早めにふるさと納税を行うことをおすすめします。

2 寄付を申し込む

寄付する自治体が決まったら、カートページの右下「この地域の寄付手続きへ進む」をクリックして手続きを進めます。

同意書に目を通し、必要事項を入力して、「上記注意事項に同意の上、送信する」をクリックして申込完了です。

3 返礼品を受け取る

最短で2週間程度で返礼品が自宅に配送されます。
お礼の品と同封されている納税証明書は、確定申告で必要になるため大切に保管しましょう。

4 確定申告を行う

新たにふるさと納税を行う人が一番気にしているのが確定申告ではないでしょうか。
寄付金額が控除されるタイミングは、確定申告のタイミングです。
確定申告が済んだら、「さとふる」のマイページを開き、特例申請のPDFをダウンロードし、印刷します。
その紙に必要事項を記入して、寄付した自治体に郵送すれば、ふるさと納税完了です。
自治体によっては、特例申告を郵送した後に、お礼状が届く場合があります。
逆に何も言ってこない自治体があるので、ちゃんとふるさと納税できたのか不安になることも…。
この場合は、お住まいの市町村に問い合わせて聞いてみましょう。

まとめ

難しいとイメージしてしまいがちな「ふるさと納税」ですが、実はスマホやパソコンから、家事や育児・仕事の隙間時間に簡単に申し込むことができます。
返礼品と一緒に届く証明書を、確定申告の時に出すだけで、寄付金額から2,000円を引いた額が控除されます。
とってもお得で簡単なふるさと納税。
まだ試していない人は、今年は試してみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税について説明した動画
世界一わかりやすいふるさと納税 【ふるさとチョイス】

スポンサーリンク

 - 暮らし