旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【断捨離でシンプルライフを送ってみませんか!】

      2017/10/10

部屋が物で溢れ返っている。物が多すぎて部屋がゴチャついている。もっと効率良く、すっきり綺麗に収納したい。そんなあなた、断捨離でシンプルライフを送ってみませんか?

今回は、断捨離のやりかたと、おすすめの収納道具をご紹介いたします!

スポンサーリンク

断捨離とは?

断捨離(だんしゃり)とは、必要のないものを断ち、捨てて、執着することから離れるという意味の言葉です。

いらない物を捨てて整理するという観点で考えると、「ミニマリスト」や「最小限主義」に近い考え方となります。

この考えは、ヨガの「断行(だんぎょう)」「捨行(しゃぎょう)」「離行(りぎょう)」を応用したものと言われています。

断捨離のやり方

今まで自分の生活の一部だった物からいきなり離れるのは難しいものです。
断捨離には、ちゃんと物から離れられるように4つのステップを辿って行ないます。

①出す

押入れやクローゼット・引き出しなどに仕舞い込んでいる状態では、何がどれくらいあるのかちゃんと把握することができません。
まずは、すべての物を床の上に出すようにしてみましょう!
そして、次のステップ「仕分ける」に進みます。

②仕分ける

仕分ける時は、はっきりと仕分けるカテゴリーを決めます。
例えば、「現在使っているもの」「今後使わないもの」「人にプレゼントするもの」「思い出の品」などです。
カテゴリー分けしやすいように、空のダンボールに書いて入れていきます。
どのカテゴリーにも当てはまらないものは、とりあえず空の箱などに仕分けし、全体の仕分けが済んだ後に冷静に本当に必要なのか、捨てるのか、誰かにあげるかどうかと見極めるようにしましょう。

③捨てる

カテゴリー別にした「「今後使わないもの」は不要なガラクタとし、さっくりと捨てていきます。捨てたことによってできた空間を、次のステップ「しまう」につなげていきましょう。

④しまう

仕分けした必要なものだけを、種類や使用頻度別にしまっていきます。
使用頻度の高いものは引き出しなどの取り出しやすい場所に収納したり、思い出深い写真や小物などはディスプレイしたりします。
インテリアにも活かせる収納道具は、整理整頓のやる気を継続させてくれる必須アイテム。
値段よりも、機能性や部屋の雰囲気に合うかどうかで判断して購入しましょう。
断捨離で綺麗に収納できたら、今度はきれいに収納できている状態を保つようにします。
例えば衣類などは、使用頻度の高い衣類はハンガーにかけたりして、直ぐに取り出せるようにします。

これらのステップを辿り、合理的に収納することで、リバウンドしないスッキリと片付けられた部屋を維持することができますよ!

おすすめの収納道具

不要なものを捨ててできた収納スペース。そして、これからも継続して使い続けたいものを合理的にしまっておくスペース。収納って本当に難しいんですよね。

スポンサーリンク

そこで、継続してスッキリきれいな部屋であり続けるためにおすすめな収納道具をご紹介いたします!

ニトリ シェルフ

思い出の品や使用頻度の高い物を見せて収納する際におすすめのシェルフです。
ユーズド感がどのインテリアにもマッチするので、リビングにこのまま置くだけで見せる収納が簡単にできます。

無印良品 PPストッカー

洗面台やキッチンの隙間に収納できるストッカーです。
買い置きの調味料やお菓子、シャンプーやボディーソープを収納するのに便利ですよ!

アイリスオーヤマ 収縮棚

トイレや洗濯機、クローゼットの中などの上部の空間って、もったいないですよね。
収縮棚を利用すれば、上部のデッドスペースも収納空間に早代わりします。

トイレでは、トイレットペーパーやサニタリー置き場として。
洗濯機では、洗剤やタオル置き場として。
クローゼットでは、収納力アップにも仕えます。

ALTO TV Boad120

テレビボードも立派な収納家具です。
テレビ周りに散乱してしまいがちのDVDやCD、ゲーム機器などは、収納力の高いテレビボードを利用して収納していきましょう。

このテレビボードは、リビングに散らかりやすい雑誌なども一緒に収納することができます。
おしゃれな猫足タイプなので、掃除もしやすいですね!

まとめ

「必要のないものを断ち、捨てて、執着することから離れる」という意味の断捨離は、4つのステップを辿ることでスムーズに物から離れることができます。

1. 床に全て出す
2. カテゴリー別に仕分ける
3. 空いた空間に合理的にしまう
4. 不要な物は捨てる

これら4つのステップを辿ることで、再び散らからない綺麗な状態を維持することができます。収納に使用する家具は、部屋のインテリアに合った集能力の高い物を選ぶようにします。今回ご紹介した収納道具は、とっても実践的でインテリアを損なわず、比較的安価な物ですので、是非参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

 - 暮らし