旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

長引くコロナと,異常気象による夏場のエアコンの上手な使い方

   

長引く新型コロナの感染者数が再び増加傾向に転じていますし、それに熱中症と、今年の夏は大変です。
また、テレワークが増加し、仕事する自室の空気の『空気質』を気にする人が増えてきました。
こんな夏場を乗り切るための「正しいエアコンの使い方」と「正しい室内の換気」についてまとめてみました、

スポンサーリンク

エアコンと適切でお得に換気する方法?

三密のひとつである『密閉空間』を避けるための方法として厚生労働省が換気を推奨したことに加え、テレワーク増加に伴って、仕事する部屋の『空気質』を気にする人が増えてきています。
通常のエアコンや空気清浄機で換気は十分にでないので、基本的には窓の開閉や換気扇を使う必要があります。

換気の目安は?

・窓の開閉は、1時間に5~10分程度が理想的。

・換気の方法も、時間よりも回数のほうが重要で、1時間に10分よりも、時間を区切って1時間に5分×2回換気するほうがより効果的だ。

窓の開け方

・部屋に2つの窓がある場合は、対面の2か所の窓を開けて空気の通り道をつくる、

・窓が1つしかない部屋は窓の外に向けて扇風機を設置し、より室内の空気が窓の外に流れやすくする。

・窓がない部屋を換気したい場合は、開いたドアの側に扇風機を置いて、部屋の外に向けて、扇風機を回す。

・仕事中の小休憩がてらに換気する決まりをつくることができれば、健康にも作業効率にも良い環境につながるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

正しいエアコンの使い方

 在宅ワークが広まるなか、気をつけたいのが理想的な部屋の温度と湿度管理。

夏場の帰宅時、エアコンは「換気後に」

夏場は部屋に入った直後、すぐにエアコンを付けたくなるが、まずは窓を開けて換気し、部屋のこもった空気を外にだし、エアコンをつけると節電にもつながる。

換気をする際、エアコンの電源

付けっぱなしかで迷う人も多いでしょうが、10分程度であればつけっぱなしのほうが電気代を節約できるそう。

温度と湿度のバランス

テレワーク時の仕事部屋を不快感・疲労感を抱きにくい空間にするためには、
温度と湿度のバランスに気を配ることで電気代の節約になるのでおすすめします。
エアコンの設定温度を28度に設定している人の場合、湿度を55%以下に保てば快適性が向上。さらに40%よりも低くすることで疲労感も大きく軽減できるそうですう。

ご自身にとって快適な空間を作っていただければと思います。また、エアコンから離れたところに冷風を届けたいときなどは、扇風機やサーキュレーターを併用することもおすすめです。

スポンサーリンク

 - 美容、健康