旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

白湯は健康と美容に効果、便利な作り方と効果的な飲み方

   

低体温の人は朝目覚めが悪く、朝からもボーッとしてしまってなかなか行動できません。そんな時、白湯を飲むことで体を目覚めさせることができます。
白湯の効果!便利な作り方と、効果的な飲み方をご紹介します。

スポンサーリンク

白湯の効果

代謝あげて痩せやすい体質にダイエット効果

白湯を飲むことで、代謝を高め、体を目覚めさせる。
基礎代謝あげて痩せやすい体質を維持でき、ダイエット効果
解毒作用があり、胃腸などの内臓機能を温めることで活動が改善され、全身の血の巡りがよくなります。

美肌にする効果

飲むことで、血液を温めて全身の血の巡りをよくする効果がある。
血流がよくなることで、デトックス効果が高まり、体内の老廃物が排出されやすくなる肌のターンオーバーが整い、肌トラブルの解消にな。

便秘やむくみを解消

飲むことで、血液の循環よくなり老廃物の排出が高まり、むくみ・便秘の解消や、冷え性の改善につながります。

リラックス効果

/h4>疲労回復効果

内臓の働きを活発にすることで、疲労回復にも役立っています。

白湯の効果的な飲み方

人間のからだが1日に必要とする水分量は、1.5~2Lです。そのうち白湯は約600~800mlを目安に、3~5回に分けて、少しずつゆっくり飲むようにしましょう。

朝起きた時

寝起きに白湯を飲むと胃腸の消化機能も活発になり、食べたものの栄養素をきちんと消化できるようになります。

スポンサーリンク

寝ている間に体温が低下しており、基礎代謝も低い状態にあり血流も滞り気味になっています。寝起きに白湯を飲むと代謝を高め、胃腸の消化機能も活発になり、食べたものの栄養素をきちんと消化できるようになります。体がしゃっきりとしてきます。

食後に飲む

食後、胃が落ち着いた状態で白湯を飲むと消化の働きを促してくので、最低でも30分経ってから飲むようにしましょう。


夜寝る前

寝る前に飲むと、リラックス効果的がある。
時間をかけてゆっくり飲むと、からだも温まり寝つきもよくなる。

白湯の便利な作り方

白湯の適温の目安は40度~50度位体で、体感的にはカップに入れた時に、少し熱い程度が目安です。
体温より少し熱めのお湯を飲むとスムーズに体内に吸収されやすく、健康効果も得やすいです。

・浄水器を通した水・ミネラルウォーターをレンジで50度ぐらいまで温める。

・市販のミネラルウォーター(軟水)をレンジで温める

・水道水を沸騰させて冷まして50度のなるまで冷ます。
(水道水に含まれる塩素や不純物を煮沸消毒するため)

まとめ

身体の調子を整える方法はいろいろありますが、白湯のメリットは、費用や手間がほとんどかからないので、手軽にはじめられること。アレンジも楽しみながら、白湯習慣を続けてみませんか?

スポンサーリンク

 - 美容、健康