旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

危険性が高まっている熱中症に注意!兆候や応急処置,予防法は!

   

熱中症は毎日のようにニュースで注意報が報道されていますね。

気温の高い日や梅雨の晴れ間、蒸し暑い日に発生します。
体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温を調節する機能が低下し、体内に熱がこも
ることで発症するのが熱中症です。

だれもがかかる可能性があります。
 熱中症の症状や予防法、対応方法を正しく理解し、暑い夏を過ごしましょう

スポンサーリンク

熱中症とは?

暑い夏場、運動時に体温が上がると、汗をかいたり、皮膚に血液を集めたりして、汗は蒸発するとき、気化熱を利用する仕組みです。

所が、温度や湿度が高い中で、たくさん汗をかくことで、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体の中に熱がこもり、熱が逃げにくく熱中症になるのです。

体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、様々な障害をおこす症状のことです。

熱中症の段階的に疑がわれる症状と対処方法

1、軽度

・めまいや頭痛
・筋肉のこむら返りがある
・手足のしびれ
・気分が悪くなり、ぼーっとする

・エアコンの効いた部屋で安静にし、水分・塩分補給。
・野外なら風通しのよい日陰で衣類を緩め、水分・塩分の補給をしながら休む。

2、中度

・嘔吐や吐き気がする
・頭痛がずる
・体がだるい手足の運動障害
・意識がなんとなくおかしい

・涼しい場所へ移動
・安静にし、十分な水分と塩分の補給
・水や濡れたタオルで体を拭い太い血管が体の表に近い、首、わきの下、太ももの付け根を冷やす。
・症状の改善が見られない場合は受診が必要

3、重度

・意識がない
・体が熱い
・けいれんや意識障害がある。
・救急車を呼び、病院で手当て
・死に至る可能性があります

スポンサーリンク

熱中症の予防

・基本はこまめに水分、塩分補給をする。冷水でなく常温の水を何度かに分けて飲む
・就眠時に脱水症状が起きる場合もあるので、寝る前にコップ一杯の水を飲む。
・居間や寝室のエアコンをためらわずに使用する。
・扇風機は直接体に当たらぬよう、上向きにかける。
・吸湿性、通気性の良い身軽な衣類を着る
・直射日光下では、必ず帽子をかぶる
・子どもや高齢者を炎天下、車中、暑い室内などに残さないように注意する

熱中症の年代別注意点

●乳幼児

・体内で水分の占める割合が高く、脱水状態になりやすい。
・汗線の発達が未熟なため、汗を上手くかくことができずに、熱がこもりがち。
・外出は帽子をかぶらせるよう。
・ベビーカーのお出かけは、地面の照り返しが予想以上に強く、体温上昇になりやすいので注意しいてあげてください。

●子どもの特徴

・園児や小学生は外遊ぶに夢中になると、長時間遊びがちになりますので、時々声掛けをしてあげてください

・お子さんの様子を十分に観察。
・遊びの最中には、水分補給や休憩を!
・外出時には帽子を忘れず、服装にも注意。

●高齢者

・のどの渇き、暑さを感じにくくなる。
・体温調節機能が低下し、汗を掻きにくい。
・エアコンや扇風機を活用。
・のどが渇かなくても水分補給をする。

まとめ

熱中症になってしまう前にできる対策はたくさんありますが、対策をしていてもなってしまうことだってあると思います。
体調がすぐれないときは無理せず休むようにしましょう。
楽しいイベントも多い夏。
日頃から栄養バランスのとれた食事や運動、遊びを通して暑さに負けない体づくりを実践しましょう。

楽しく夏を乗り切るために!!

スポンサーリンク

 - 美容、健康