旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

ドライングブロックとは?使い方やお手入れ、取り扱い店など

   

今話題のキッチン雑貨、ドライングブロックをご存知ですか?
なかなか耳慣れない言葉で、はじめて聞いたという方も多いかもしれませんね。
クチコミでも使いやすく、とっても便利と評判が良いようですね!
私も購入し、使っています。こらから、梅雨の時期を前に重宝しています。

スポンサーリンク

キッチンのお助けアイテム、ドライングブロックとは?

ドライングブロックというのは手軽に使える珪藻土でできた乾燥材。
普段よく目にする乾燥剤との大きな違いが「珪藻土(けいそうど)」で作られているという点です。
有名なのはsoil(ソイル)という生活雑貨ブランドのもの。呼吸する土といわれる珪藻土を使った商品を様々提唱し、取り扱うブランドとして話題を呼んでいます。
自然の恵みを存分に生かし機能性も抜群、見た目もオシャレで可愛らしいアイテムが多く大人気だそうです。

soil(ソイル)のドライングブロックの特徴は、吸湿性の高い自然素材(珪藻土)を使い、左官職人によって一つ一つ手作りされているということです。また通常、使い捨てというイメージが強い乾燥剤ですが、このドライングブロックはお手入れしながら、繰り返し使えるのでとってもエコで経済的です。
見た目も板チョコのように可愛らしく、ホワイト、ピンク、グリーンのナチュラルな優しい色合いもとっても素敵です。毎日の生活を丁寧に送りたい、そんな自然志向の方にはもちろん、幅広く人気があるのもうなずけます。

ドライングブロック使い方やお手入れ方法は?口コミでも好評価!

ドライングブロックの使い方はとっても簡単、適当な大きさに割り、砂糖や塩など湿気によって固まりやすい調味料の保存容器に入れておくだけです。
soil(ソイル)のドライングブロックは板チョコのように手で簡単に割れるので、使いたい分だけをぱきっと割って使います。サイズの種類は3種類、組み合わせて使えるので便利ですね。
ではどんなものに使えるのか、具体的にご紹介して行きたいと思います。

・砂糖や塩

湿気を吸いやすい砂糖や塩、調理中に使おうと思ったらカッチカチに固まってた…なんていうことありませんか?
ドライングブロックを入れておけば、そんな砂糖や塩もサラサラの状態で保存できるので、お料理中のストレスもグンと少なくなりそうですね。

スポンサーリンク

・パスタや乾物、グラノーラ・シリアルなど

パスタやマカロニ、他にも切り干し大根や干しシイタケなどの乾物類や、毎日食べるグラノーラ・シリアルと一緒に、容器に入れて保存します。カワイイ見た目で見せる収納にもぴったりです。

・粉洗剤など

水回りに保管することで湿気を吸いやすい食器洗い用、洗濯用の粉洗剤にも使えます。
食品ばかりでなく、日用品などなんにでも使える万能な点も嬉しいですね。

その他にも、コーヒー、お茶、海苔、クッキーやせんべいなど湿気やすいお菓子類、粉末だし、ドライフルーツ、お米など、ライフスタイルに合わせてあらゆるものに使えるのも嬉しいポイントです。

ところで、ドライングブロックはたっぷり湿気を吸収すると色が濃く変わってきますが、天日干しなどで充分に乾かすことで復活します。
また継続して使用することができます。ただしできるだけ水洗いは避けたほうが良いそうで、汚れは軽くふき取るか、水洗いした場合は中までしっかり乾燥してから使いましょう。

Soilの取扱店は?100均やニトリでも買える?

Soilのドライングブロックは通販サイトなどで手軽に購入できるようですね。
商品の紹介されている購入サイトをいくつか見つけたので、気になる方はのぞいてみてくださいね。

・h-concept

・free desig

・ SEMPRE

また大人気の珪藻土アイテムは、100均やニトリなどでも購入できるようになっています。
素材は珪藻土ですが、気になるお値段はsoil(ソイル)のものよりかなりリーズナブルです。まずはお試しで…という場合はこちらを利用してみても良いかもしれませんね。ブランドにより、それぞれ扱い方や使用方法などが違うようなので、商品の詳細をよく確認してからお使いくださいね。

まとめ

気がつくとかちかちに固まって、使いたい時に不便な思いをすることが多い調味料たち。特に使用頻度の高い砂糖や塩ですら固まりやすくて、固まってしまうとあとが大変です。そんなことになる前に、ドライングブロックをぜひ使ってみたいところ。
ダイソーやロフト、ニトリなどでも手軽に購入できるようですし、ミニからラージまでサイズも豊富なようなので、今年の梅雨の時期はコレで乗り切れればいいなと思います。

スポンサーリンク

 - 暮らし