旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【七五三のお参りはいつごろすればいいのでしょう。】

   


子供のお祝いの代名詞「七五三」

七五三は、子どもたちの3歳・5歳・7歳を祝う行事で、 無事に成長した子どもを神様に見せて感謝し、これからの幸せを願うために、寺や氏神様にお参りする行事として生まれたようです。
男女の子で七五三を行なう年齢が異なります。それぞれいつ行なえば良いのしょうか。

スポンサーリンク

七五三をやる時期は

七五三は、古来より11月15日に執り行われてきました。
これは徳川将軍家の「袴着の日」が誇張され、11月15日が子供の成長を祝い、氏神様・産土神様に報告をおこなう日として行なわれるようになりました。

徳川家が11月15日に「袴着の日」にしたのには、ちゃんと理由があります。
太陰太陽暦を使用していた時代の15日は、毎月ほぼ満月でした。
そして太陰太陽暦の11月は、旧暦の月の決め方によると「冬至を含む月」となるため、11月から新月を境に次の月が決まっていました。

そして年だけでなく日や月に割り振られていた十二支が、11月には子(ねずみ)となるため「子の月」となり、11月15日に子のお祝い儀礼を執り行っていたんです。

現代では子供の体調などに合わせて行なう

現代では、必ず11月15日に執り行わなくても構わないとされています。
11月は肌寒く、お子さんも体調を崩しやすい季節です。
お子さんの体調を最優先し、神社の混雑具合や天候に合わせて、11月15日前後の大安や吉日などの縁起の良い日に行なうようにしましょう。

男の子と女の子の七五三を行なう歳は

3歳・5歳・7歳にどんな意味があるのでしょう。

・3歳…髪置きの儀
男の子も女の子も髪を伸ばし整えはじめます。

・5歳…「袴着の儀」
    男の子が、子供用の着物から初めて袴(はかま)をつけます。

・7歳…「帯解きの儀」
    女の子は、7歳くらいまでは、着物をとめるのに紐(ひも)を使用します。
7歳になると、帯に変えて大人への階段ふむお祝いをします。

スポンサーリンク

それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする。
「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りあるんですね。

男の子の場合:3歳と5歳
女の子の場合:3歳と7歳

七五三に欠かせない「千歳飴(ちとせあめ)」の起源や由来は

かわいらしい袋に入った千歳飴は、それだけでも華やかで縁起のよいものです。
七五三のお祝いに欠かせないものの一つである千歳飴。慣れない晴れ着におすまし顔で千歳飴を手に持つ子どもたちの姿は、なんともかわいらしいものですね。
そもそも、千歳飴(ちとせあめ)とはどういう意味なのでしょうか?

千歳飴の由来

1つは、江戸時代の元禄の頃、浅草の飴売りの七兵衛が売り出し流行した、紅白の棒状の飴を「千年飴(せんねんあめ)」「寿命糖」と言う名前で売り歩き、流行した「千年飴」から始まったとされています。
もう1つは、大阪の商人が江戸に出て、「長い長い千歳飴を食べると千年もの長寿になる」というキャッチコピーで千歳飴を売り始めたという説です。

千歳飴の意味は?

子供が元気よく成長し長生きするようにという親の願いが「細くて長い、紅白の千歳飴」を定着させていったようです。

そのため、飴は、 縁起の良い紅白の細長い棒状で長寿を願い、 それを入れた袋も縁起の良い鶴亀・松竹梅などが描かれたものです。

千歳飴の長さ・太さには決まりがあり

直径14.5mm以内、長さ3尺(1m)以内なのです。

七五三を控えた10月、この千歳飴の袋詰め作業が全国の神社や菓子屋で行われます。

最近は、千歳飴だけでなく、祝い箸や学業成就の鉛筆・お守りなどを入れているところも。
また、伝統や格式を重んじる菓子屋では、作った千歳飴を神社に納めお祓いを受けたものを売ることが多いと言う事です。

まとめ

七五三は、11月15日前後の大安か吉日に行なうことが一般的ですが、
この日にあまりこだわらず、11月15日の前後の祝日など都合の良い日に行う方が多いようです。
また、本来は数え年で行ないますが、現代では満年齢で行なうことが一般的となっています。

スポンサーリンク

 - 季節・行事