旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

寝る時の正しい姿勢とは?寝る姿勢で体に現れる驚くべき変化!

   

1日の1/3の時間を費やす睡眠は、健康のためにとても大切なものですね。
体の調子が悪い時や何かに悩んでいる時、一晩ぐっすりと眠れば、翌朝起きたら元気になっている、なんて経験ありませんか?
毎日、気持ちよく質の良い睡眠にしたいものですね。
寝方は、仰向け、うつ伏せ、横向きなど、人それぞれですね、
人は一晩に20~30回くらい寝返りをしていて、睡眠のリズムや体に負担がかからないように、自然に姿勢を調整しているそうです。
今回は寝る姿勢によって変わる、体へのメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

あおむけ寝は睡眠時に自然で身体に負担の少ない姿勢

仰向けで寝ることは、寝方の中で最も体に歪みが生じない姿勢をとることができます。
寝た時に体全体で自分の体重を支えることができるので、負担を軽減することができるからです。
頭、背中、お尻、足などに重量が体全体にかかるので、バランスが良くなり、血液の循環を良くなります

体へのメリット

・ 血液の循環が良く、血栓ができにくい。

体重を体全体で支えるため、それぞれの部分の重量が軽減されます。
体を真っ直ぐにすることで、血液の巡りが良くなり、血栓ができにくく、むくみ防止にも効果的です。

・背中が曲がらず、肺や内臓が圧迫されない。

姿勢を真っ直ぐにすることで背中が曲がるのを防ぐことができます。
身体が曲がると肺や内臓が圧迫されますが、それがない事です。

・手足を広げて放熱することで、眠りに入りやすくなる。

仰向きで手足を広げることで体温の放熱がしやすくなり、深い睡眠に入る手助けをしてくれる。

・寝ている時の肌の負担が少ない。
顔が枕やシーツに当たらないので、肌の負担がなく肌荒れを防ぐ。

体へのデメリット

・喉を圧迫する寝方なので、いびきをかきやすくなる。

・人によっては息がつまってしまうリスクが高まったりします。

・太っている人は、喉の周りに贅肉がつきやすく、気道が狭くなっていびきをかきやすかったり、呼吸がスムーズにできなかったりすることもある。

・小顔の人は気道の通り道が狭いので、太っている人と同じようなことが起こりやすくい。

・腰が反りすぎて、腰痛を感じやすくなる。

うつ伏せ寝はリラックス効果もあり医療現場でも活用

体へのメリット

・空気の通り道である気道が開き、呼吸しやすくなり熟睡につながる。
・呼吸がしやすくなると、血液中の酸素濃度の低下が抑えられるため、血中の酸素量不足が改善され、疲労回復や老化の防止になる。
・気道が開くといびきをかくのが減少し、睡眠時無呼吸症候群も防げ。
・肩こりの人は、肩への負担がすくなくなって肩こりが軽減される。
・うつぶせで寝ると気道内にたまっている粘液がスムーズに流れ、痰が排出されやすいため、咳をする回数が減る。
・うつ伏せは医療でも使われるくらい体には良い姿勢だそう。

スポンサーリンク

体へデメリット

・うつぶせに寝ることで、顔が枕や布団に当たり肌を刺激するため、肌荒れやシミの原因になる。

・腰を反らせすぎると、腰に負担がかかることもある。

横向きの寝方は腰への負担が少ない

体へのメリット

・横向き寝ることで,気道が開きいびきの防止や、無呼吸症候群の予防になり、良い睡眠がとれる。
・腹部への圧迫も少ないので、妊婦さんでも安心できる寝かたです。

・アルツハイマーの原因ともなる物質が排出されやすく、アルツハイマー予防になる。
・右側を下にして寝ると、胃の圧迫を防ぎ消化を助ける。
・腰の角度を自由に変えることが出来できるので、腰痛の緩和につながる。

体へのデメリット

・横向きで寝続けることで骨盤や、体のゆがみにつながりやすい。

・体がゆがむと、血行不良につながり、太りやすくなったり、顔や体がむくみやすくなる。

・左側を下にして寝ると、重たい肝臓が上から胃や心臓を圧迫して負担を多くなる。
食後すぐに寝ると、腹部を圧迫され、吐き気や嘔吐をもよおす可能性がある。

・歯茎やあごに負担がかかり、顔にしわが増える可能性あり。

多くの人があおむけの姿勢で寝るのが一般的になった理由、2つの説

1、
あおむけで寝るのは姿がきれいで行儀がよいとされていた。
うつぶせ寝はお尻を上に向けて寝るので行儀が悪いとされていた。
昔は、行儀の良さが重んじられた結果、眠るときはあおむけで寝るという考えが定着していったと考えられます。

2、
あおむけ=安静というイメージが強く、医療面で、患者さんがあおむけの姿勢が十分に呼吸を確保するのに適していると考えられた事と、あおむけ寝は身体にやさしいというイメージにつながったと考えられます。

まとめ

睡眠時間は、1日の疲労回復のための貴重な時間になります。
人は一晩に20~30回くらい寝返りをしていて、睡眠のリズムや体に負担がかからないように、自然に姿勢を調整しています。
快眠の為には体に負担のない寝方が、寝付きが良くなりぐっすり寝ることができ、翌朝の目覚めがスッキリしますね。

スポンサーリンク

 - 美容、健康