旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

女の子の初節句のお祝い、お雛様は誰が贈る?食事会や、お返しについて

   

3月に入るとすぐ女の子のお祝いひな祭りがありますね。赤ちゃんが生まれて初めての初節句を迎えるご家庭では、お雛様の準備はどうしようか、誰が買うべきなのか、またその購入時期や相場はいくらぐらいなのか、食事会やお返しの準備もしなければいけないの?と分からないことがたくさんあって、お悩みの方も多い時期かもしれません。
そこで今日は女の子の初節句、雛人形の準備のヒントやお祝いの相場やお返しはどうするか、食事会を開く際のポイントなどまとめてみたいと思います!

スポンサーリンク

お雛様は誰が贈る?金額はいくらくらい?

お雛様の購入にあたり、誰が買うのか、予算はいくらが妥当なのか、購入時期はいつくらいがいいか、はたまた代々受け継ぐべきなのか、手作りやリメイクはどうか…など、色々と考えなければならないことも多いですよね。
ここでは初節句に新しいひな人形を準備する場合を想定してお話していきたいと思います。

まず古くからお雛様を用意するのは、女親の実家の祖父母とされるのが一般的な言い伝えとされています。赤ちゃんのお母さんの両親が買ってあげるということになりますね。

これにはキチンとした意味や由来があり、子どもの成長に関わるものや、子どもの幸せを祈るものは、嫁入り道具のひとつと考えられてきた歴史があるからなのだそうです。

その名残りで今でもお雛様を用意するのは、お母さん方の両親というのが広く浸透しています。
その他にも、昔は嫁に出した娘や孫にはなかなか会えないことも多く、ひな人形を贈りお祝いすることが、孫や自分の娘に会う口実となっていたなんていう説も残っているそうです。

しかし現代では、嫁に行った娘や孫になかなか会えないということも少なくなり、考え方も柔軟になっています。
ご家庭によっては自分たち夫婦で雛飾りを買う、両家でお金を出し合うというパターンも
多いようで。
家族みんなで話し合って、仲良く初節句をお祝いできるのが一番かも知れませんね。

ところで雛人形の購入時期のピークは12月から2月上旬くらいまで。もう購入されているのがほとんどでしょうが。
新作が発表されるのは11月から12月初めくらいですので、気に入ったモノを確実に購入したい場合や、しっかりと良いものを選びたい場合には、早めに店舗などへ足を運ぶのがおすすめです。

お雛様の種類も
段飾り (三段、五段、七段)
収納飾り
ケース飾り
七段飾り
木目込人形
等あり、お値段も1万円ぐらいから何十万でと幅広いです。
飾る場所や、予算に応じで、購入したいですね。

スポンサーリンク

初節句のお祝いの相場とお返しはどんなモノが良いか

親戚や姪っ子、ご友人に女の子の初節句を迎える方がいる場合、お祝いはどのくらいが相場なのでしょうか?
こちらは初節句の食事会に招いた場合とそうでない場合で少し違いがあるようですが、大まかな目安は以下の金額です。

・父方の祖父母:3万円~

・母方の祖父母:5万円~

・その他親戚(叔父叔母など):1万円前後または贈り物・プレゼント

・友人:5千円前後または贈り物・プレゼント

雛人形を購入している場合はお祝いを渡す必要はなく、食事会に呼ばれたならその食事がお祝い(雛人形)のお返し(内祝い)の意味合いとなります。

基本的にお祝いをしてくれた方を食事会に招いた場合、内祝いは不要ですが、手ぶらで帰っていただくのも…という場合には、赤ちゃんの名入りカステラや菓子折りなどを持ち帰ってもらうのもおすすめです。
食事会に招いていない場合には、祝い菓子やカタログギフトなどの、ちょっとしたものを内祝いとして贈る方も多いようです。

初節句の食事会にはどんな場所や料理を用意する?

食事会をする場合にはお店でするか、自宅でするかの大きく二択でしょうか。
お店なら食事の準備を気にする必要がなく手軽ですが、小さなお子さんがぐずったりするのがちょっと気がかり。
自宅なら気にせずみんなでワイワイできる反面、赤ちゃんを抱えての食事の支度がやや大変かも知れませんね。

料理メニューですが、お店ならお祝いのお膳を準備するのが一般的のようですが、洋食や中華などのコースも人気があるようです。自宅であれば、お膳、寿司やオードブルなどの出前や仕出しを利用するという方法もあります。
手作りするなら、定番のちらし寿司とハマグリのお吸い物に、鯛のお頭付きや揚げものなどもあると食卓が華やかになりますね。

ご家庭の状況や参加される方の顔ぶれによって、ベストな方法をチョイスできるとよいですね!

まとめ

女の子の健やかな成長と幸せを願って祝う、ひな祭り。中でも一生に一度の初節句、ご両親はもちろん、祖父母や叔父叔母など、家族みんなが心からお祝いしたくなる行事のひとつかも知れませんね。
伝統やしきたりももちろん大切ですが、みんなで仲良く、そしてムリすることなく、楽しくとっておきの1日を過ごせるというのが一番の幸せではないでしょうか!

スポンサーリンク

 - 季節・行事