旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

今話題のカーシェアリングの仕組やメリット・デメリット、使い方?

      2019/02/17

ライフスタイルの変化や経済的な理由により、自家用車を持たない人たちが増えているといわれていますね。
そんな中、注目されてきているのが何かと話題のカーシェアリング。
何度か聞いたことがあって、興味はあるけれどどんな仕組みなのかよく分からず、なかなか手を出せずにいるという方も多いかもしれませんね。

車は毎日乗らないけれど、やっぱりないと不便だったり、かといって維持費や保険料などのコストが大変!そんなこんなで買い替え時や、車検の前には頭を悩ますタネになることも多いですよね。
今日は人気のカーシェアリングについて、そのしくみや使い方、メリットやデメリットなど含めて、分かりやすくご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

カーシェアリングとはどんなもの?レンタカーとの違いは?

カーシェアリングとは簡単に言うと、特定の車を会員間で共有し、好きなとき・使いたいとき・必要なときに借りて使うことができるというサービスです。

代表的なところだと、タイムズカープラス、カレコ・カーシェアリング、オリックスカーシェアなど、名前は皆さん聞いたことがあるかもしれませんね。

15分ほどの短時間から利用ができ、短時間の利用ならレンタカーよりも安くて便利。
送迎やお買い物などの短時間での利用や、気分転換のドライブ、初心者やペーパードライバーの運転練習用など、短時間&高頻度で車を使いたいと言う方にとっても便利な仕組みとなっています。

レンタカーと違って、店舗がないことも多く無人なので手軽に借りられる上、人件費がかからないのでリーズナブル。ガソリン代や保険料も基本料金に含まれるので気にする必要がないというのも嬉しいポイントです。

カーシェアリングを利用する、メリット&デメリット

カーシェアリングの普及により、車の数が減り、省エネルギーやCO2削減など、環境に優しくエコ面での効果も期待されているそう。その他にも利用する際のメリット、デメリットをあげてみましょう。


スポンサーリンク

メリット

インターネットから会員申し込みや予約ができ来店不要。
カードひとつで日本全国の車が手軽に利用できる。
保険料やガソリン代は必要なし。
ベンツやポルシェなどあこがれの外車・高級車も利用できる(割増料金が必要)。

・デメリット

車を使わない時でも1000円程の会費が固定費としてかかる。
長時間使う場合にはレンタカーの方がおトク。
土日は混み合って希望の時間帯や車が借りられないことも。

デメリットについては、これからカーシェアリングがもっと広く使われるようになれば、改善されていく余地はありそうですね!

タイムズを例に、使い方の流れをご紹介!

話題のカーシェアリング、使ってみたいけどやり方がわからず、チャレンジできずにいると言う方も多いかも知れませんね。ここではTimesを例に、大まかな流れを見ていきたいと思います。

1.インターネット、または店舗で会員登録を行います。

2.専用サイトにアクセスしてログイン。

3.車を借りるエリアと料金プランを選択します。

4.クルマの空き状況を確認し予約を入れます。

5.指定したタイムズに行き、予約した車を探します。

6.会員カードをクルマの指定箇所にかざしてロックを解除。

7.ダッシュボードにキーが入ってるので、それでエンジンをかけて出発。

8.利用時間内に借りたときと同じ場所へクルマを返却。乗り捨てはできませんので要注意です。

9.車のキーをダッシュボードに返します。

10.会員カードをクルマの指定箇所にかざして車をロックし返却完了。

ざっとですがイメージはこんな感じです。この流れで手軽でカンタンに車が利用できるなんてとっても便利ですよね。
お車のヘビーユーザーでない限り、車を持たないという選択も、今後は増えていくのかも知れませんね。

まとめ

ちょこちょこ使いがお安くできて、気になる車種や自分では買えないような高級車・外車などを気軽に試すこともできるなんて、クルマを持っていない人はもちろん、車好きなら会員になってみるのも楽しいかもしれませんね!
一家に一台というこれまでの車への概念は、未来へ向けてもう少し柔軟に変化していくのかも知れません。
何れにしても自分にあった方法で、便利に無理なく、そして楽しく車を利用して行けると良いですね!

スポンサーリンク

 - 暮らし