旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

優れた栄養食品のはちみつ、おどろきの栄養や効果・効能

      2019/02/17

優しい自然の甘さと独特の風味が特徴のハチミツ。
スイーツやお菓子作りに使ったり、トーストやホットケーキ・パンケーキにトロリとのせて食べるのが好きという方も多いですね。
そんな蜂蜜はただ甘いだけではなく、豊富な栄養成分が含まれており、健康や美容にもとっても良い効果がたくさんあるのだそうです。
せっかく頂くならそんな嬉しい効果・効能を余すことなく享受したいところです!
そこで、はちみつの栄養成分、健康への効果や影響、昔から伝わるはちみつ大根の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

はちみつの成分や健康・美容効果、カロリーは?

甘くておいしいはちみつですが、実は栄養価がとっても高い健康食品です。
主成分は果糖とブドウ糖ですが、その他にもビタミンB群をはじめとする10種類ものビタミン類、27種類のミネラル類、22種類アミノ酸、80種類酵素、有機酸、ポリフェノールなど、栄養成分は全部で150種類にのぼります。
これらの栄養素をバランス良く含んでいることから、総合栄養食や天然の食べるサプリメントなどとも呼ばれています。

主なはちみつの健康効果

・疲労回復効果

はちみつに含まれる糖類は、消化吸収されやすい単糖類。消化器への負担が少ないうえ、すぐにエネルギー源となるので、疲れた時におススメです。

・殺菌作用

ハチミツに含まれるグルコン酸や過酸化水素を作るグルコースオキシターゼには殺菌作用が。そのため喉の痛み、咳や口内炎を鎮めるのに効果を発揮します。
ちょっとしたケガなど、消毒薬がない時にはちみつが役に立ちます。

・.血糖値の上昇を抑えるダイエット効果

大さじ1杯分のハチミツの甘さは砂糖なら大さじ3杯分に相当し、低カロリーです。

100g当たりのカロリーは、
白砂糖 384kcal
はちみつ 294kcal
はちみつの糖質はゆっくりと吸収されるため、脂肪がつきにくくダイエット中の方にも適した食品です。

・骨の健康を守る

はちみつには骨を破壊する破骨細胞の働きを抑えて、骨の代謝のバランスを守る働きがあるそうです。骨密度などが気になる方にもおすすめです。

・保湿効果、美容効果

活性酸素を除去して、細胞の酸化を防ぐビタミン類が豊富に含まれています。
ビタミンB群は代謝を良くし、肌荒れを改善する効果もあるビタミンです。

食べるだけではなく、クレンジングやパック、リップクリームとして使えば、保湿効果が期待できます。
洗顔後に小さじ2杯ほどをお顔ののせて、優しくマッサージして洗い流すとプルプルのお肌が実感できます。

・.口内炎の治療に

殺菌作用があるので、口内炎の治療に、初期の場合はそのまま塗ればいいです。

・喉の痛みや咳止めに

殺菌力によって喉などについた細菌の増殖をおさえ、痰の切れをよくする効果。
保湿効果でのどを潤す、という効果から、咳を止めることが出来る。

スポンサーリンク

はちみつのたくさんの種類と保存方法・賞味期限

はちみつには様々な種類がありますがどんなものを選んで購入すれば良いのでしょうか?
はちみつには「純粋はちみつ」「精製はちみつ」「加糖はちみつ」3タイプがあります。

「純粋はちみつ」は混ぜ物がなく水分が20%以下のものとされており、その他の2種類は加工品という位置付けになっています。はちみつの効果や効果を期待するのであれば、やはり「純粋はちみつ」を購入したいところです。

特に「純粋はちみつ」の中でも国産、非加熱のものだと品質が良いものとされており、それなりに高級品ではありますが、はちみつを健康のために摂取したいという場合には、購入してみるのも手かもしれませんね。

ちなみに純粋はちみつには賞味期限がないともいわれており、かなり日持ちがするようです。温度の低い場所に置くと結晶化して固まってしまうので、直射日光を避け、常温で保存するのがよいですね。
もし固まってしまっても、50~60度の湯煎にかけて温めれば、栄養価はそのままでまた美味しくいただけますのでその点は安心です。

また花の種類によってはちみつの味わいや効果も違ってくます。
日本で人気なのはアカシアのはちみつです。

・マヌカハニー:カゼ、口臭、胃潰瘍に効果あり。

・そば蜜:ルチンや鉄分が含まれており、血液サラサラ効果があります。

・リンゴのはちみつ:便秘解消効果。

・キルギスハニー:美肌、風邪予防、脳の活性化にも。

ハチミツ大根でカゼ知らず?!簡単レシピ

はちみつ大根はなんと江戸時代からある民間療法なのだそうです。
はちみつや大根に含まれる、殺菌作用や保湿効果が、風邪やノドの痛み、咳に効くといわれているんです。

はちみつ大根の簡単なレシピ

大根はサイコロ状の角切りや千切りにカットします。容器に移してヒタヒタになるくらいのはちみつを注ぎ、約3時間待つだけ。エキスを水やお湯、紅茶などに溶かして、飲み物として頂きます。

3日くらいたったら大根を取り出しておくのが美味しくいただくコツです。
冷蔵庫で1週間ほど保存できますので、風邪かなと思ったら、試してみてはいかがですか?

まとめ

甘くて美味しいはちみつは、心をほっこりと癒してくれるばかりでなく、カラダへの驚きの効果がたくさんあるんですね!
スイーツ作りだけじゃなく、煮物などのお料理作りにも使えるそうなので、ご家庭の味に合わせて、毎日の生活に栄養たっぷりのはちみつ、取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 - 美容、健康