旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

2019年も「引越し難民」が急増?難民にならないためには?

   

毎年3月から4月は、就職・進学・転勤・など、人生の節目で新しい環境で新生活を迎える方が多いシーズンですね。 お部屋探しから始まり、荷造り・生活に必要なもの購入など何かと忙しくなる時期ですね。
ところが、昨年あたりからある問題がニュースとなりました。それは、「引越し難民」の発生です。

「引越し難民」とは何か?発生する原因と、難民にならないための方法をご紹介します。

スポンサーリンク

引越し士難民とは?

2018年2月~4月にかけてどうしても、この時期に引っ越さなければならないのに、引越しできない状況になってしまった人達のことを「引越し難民」と呼ぶようになりました。
テレビやインターネットニュースなどでも同様のニュースが取り上げられました。
3月下旬から4月上旬では、引越しの需要がピークを迎える時期にネット上で「引越しできない」「引越し料金が高すぎる」などの声が多く飛び交い、テレビのニュースなどでも取り上げられました。

なぜ「引越し難民」が多発したのでしょう?

原因は2つあります。

1、人材不足

どの業界全体で深刻な人材不足が続いています。トラック運転手さんや作業員さんの不足の深刻さがましています。
この時期、引越しの依頼件数に対して、人手が圧倒的なの足りない状況です。

2、働き方改革による長時間労働の抑制

引越し業界で働き方改革が推進された結果、長時間労働の抑制がかかり、1日のこなす件数が減少し、引越しできなくなってしまった。

スポンサーリンク

「引越し難民」にならないために今から気を付けること

●決まった日に引っ越したい方は早めに依頼する。

引越し予定日が決まっている方は、早めに引越し業者を決めてしまいましょう。
早めの依頼をする場合でも、繁忙期のため料金がすでに通常期に比べて高騰している可能性があります。
少しでも多くの引越し業者に見積もり依頼をして、金額を比較しましょう。
料金が高い場合は、平日の引越しを検討することで、難民にならずに済むかもしれません。平日などが狙い時です。

●引越し業者が見つからない場合は、一般的な運送業者に依頼。

●軽貨物事業者にお願いする。

運ぶ荷物が少ない方は、赤帽や配送のマッチングサービスを活用して引越しすることもできます。

●レンタカーや自家用車で自力引越しをする。

荷物の量が少なく、引っ越す距離が短ければ、レンタカーやトラックなどを借りて自力引越しをすることができます。自分で引越しをすると、費用をも安くてすみます。

●荷引越しの荷物一時預かりのサービス利用。

トランクルームなどに大きな荷物を預けて、最小限度の必要なものだけを宅配便などで運んでもらう。時期的に落ち着いたタイミングで運送業者に依頼する。

まとめ



2019年の3月から4月にかけて引越しが決まった方は「引越し難民」にならないよう早めに見積もり依頼をする。
1社でも多くの引越し業者に見積もり依頼をし、平日など比較的安い日を狙うなど意識をして、引越し難民にならないようにしたいものですね。

おすすめ記事

大変な引っ越しを効率よく進めるコツ

スポンサーリンク

 - 暮らし