旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

綺麗な歯をキープする歯ブラシの種類と選び方、簡単にできる上手な磨き方

   

お口の健康を守るために欠かすことのできない歯ブラシ。皆さんいつもどんな基準で歯ブラシを選んでいますか?
値段が安い物、いつも使っている物、コマーシャルで見かけたものなど、様々な理由で歯ブラシ選びをされていると思います。
ドラッグストアやスーパーやネット通販などでも、歯ブラシの商品は種類も多くて、選び方が分からなく、ついつい選ぶのをあきらめて、いつもと同じ物に落ち着くなんて言うことはありませんか?
たくさんある種類の中から、自分に合ったものの選び方、新しい歯ブラシへの交換タイミングや、綺麗に磨けるコツなどご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

どんな種類の歯ブラシを選べばいいの?

普段使って入る歯ブラシを大きく分けるとすれば、手動派か電動派か?
はみがき粉やホワイトニングなどにもこだわって、おすすめ商品や高級なものを使っているという方も多いかもしれませんね。

様々な種類のある歯ブラシですが、ここでは手動で使う一般的なものの選び方をご紹介していきましょう。
まず、歯ブラシには以下の種類があります。

ブラシの形状による種類

子ども用(乳歯列用・混合歯列用)
永久歯列用(中学生ぐらいから大人向け)
矯正治療用(矯正器具の間なども磨けるもの)、
部分清掃用(ワンタフトや歯間ブラシ)などがあり、年齢や歯の状況に応じて選びます。

・ブラシの毛のかたさによる種類

かため・ふつう・柔らかめなど商品に表記されています。
硬めは歯垢がよく落ちますが歯や歯ぐきを痛めてしまう可能性が。
柔らかめは汚れ落ちは物足りない所もありますが、乳幼児やお年寄り、歯茎に炎症があるときに選ぶと良いです。
普通のかたさは汚れ落ちがよく歯ぐきを傷つけることも少ないので一番使いやすいです。通常はふつうの硬さの歯ブラシを選んでおくと間違いないですね。

・使い分けによる種類

歯ブラシは基本の歯ブラシとその他に1~2本用意して使い分けると良いそう。
基本の歯ブラシは縦に3列の植毛があり、ヘッドの長さは奥歯1~2本分がおすすめ。
基本の歯ブラシの後に、歯の形状に合わせて、ワンタフト、歯間ブラシ、フロスも使って丁寧に磨きましょう。

歯ブラシ選びに迷ってしまったら、ヘッドのサイズ→毛のかたさ→柄・ネックの太さや形状→毛先のかたさの順に着目して探すとぴったりの物が選びやすいです。
インターネットで検索すると2018~2019年の人気の歯ブラシランキングなどが見られます。歯医者さんおすすめのものはもちろん、歯ブラシ職人が手がけた逸品なども紹介されていたりと興味深いですよ。

スポンサーリンク

ランキング上位の常連は、DENT.EXシステマ、クリニカアドバンテージ、タフト24(歯科医用)などですので、歯ブラシ選びの参考にしてみてはいかがでしょうか?

歯ブラシの交換時期はいつごろが?熱湯で復活するってホント?!

以前にテレビ番組で取り上げられた熱湯につけて歯ブラシを復活させるという方法。

歯ブラシの毛の素材の特徴を活かした方法だそうですが、この方法だと見た目だけが元に戻ったよう見えるだけで、毛先は劣化したままです。
歯の洗浄に必要な「しなり」もなくなってしまううえ、衛生的にもあまりオススメではないそうです。

歯ブラシの寿命は一般的に1日3回の歯磨きで約30日間(90回分)といわれており、毎日歯磨きをするのであれば、1か月くらい経った頃が、歯ブラシの歯垢除去力的にも、衛生的にも替え時だと考えると良いですね。

歯ブラシでの上手な磨き方

すっきり綺麗な歯をキープするには、歯ブラシの上手な動かし方を身に付けるのが大切です。
以下の点に気をつけて、はみがきをしてみて下さいね。

1、歯と歯ぐきに毛先をキチンと当てる。歯に対してブラシを当てる角度を90度(スクラッピング法)、45度(バス法)と使い分けるのがポイントです。

2、歯ぐきを傷つけないためにも、歯ブラシは小刻みに動かします。1~2ミリの幅で小さく優しく左右にブラシを動かします。

3、歯の汚れは力まかせにゴシゴシしても実は綺麗に落ちません。歯ブラシはペングリップでにぎり、軽いタッチを心がけ入れるチカラは150~200g程度で充分です。

4、.前歯の裏や奥歯のさらに奥側など、磨きにくいところには、歯ブラシのカカトやつま先を駆使したり、歯ブラシを縦に使うなど、場所や歯の形状に応じて、角度や向きを工夫するとよいそうです。

まとめ

歯や歯茎の健康は、元気で長生きするためにもとっても大切です。
美味しいものを自分の歯で、いつまでも楽しく味わえるように、若いうちからのケアが肝心ですね。
これまでは惰性やとにかく安いものを選びがちだった歯ブラシですが、これからはキチンと自分の歯の特徴やみがき方に合ったものを、確かめながらチョイスしていければと思いますね。

スポンサーリンク

 - 美容、健康