旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

節分で豆まきをする理由!豆の種類とまくときのルールは?

   

2月3日は節分の日。
鬼の仮面をかぶって「鬼は外!福は内!」と豆を投げて鬼を追い出し、豆を食べることは、誰もが行ったことがあると思います。
毎年何気なくやっている節分の豆まき。
考えてみると、なぜ節分に豆まきをして、歳の数だけ豆を食べるのでしょうか?
疑問に思ったりしませんか?今回はこの疑問に答えていきたいと思います。

スポンサーリンク

昔は節分が年に4回あった。

節分は、二十四節気という季節の分かれ目を表す名称で、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことで、年に4回、春・夏・秋・冬の区切りの日のことです。

なかでも、冬から春が来る日2月は、日本の一年のしめくくりの日であり、一年の始まる前の日と考えて一番大事な節目だったようです。
立春の前日が、現在の節分の日です。

節分に豆まきをする理由。

①穀物には「魔除けの力」があると考えられている

②平安時代に鬼が都を襲ったときに、炒り豆を投げて退治したという伝説

③「魔目(まめ=豆)」を鬼の目に投げつけて鬼を退治する(=魔滅:まめ)、という語呂合わせ

昔の人は、病気はすべて鬼のしわざと考えて、悪いことをする鬼が来ないようにと願って豆をまいたといわれています。
節分の豆まきは、一年の最後の日に鬼を退治して、新しい年をむかえる行事だったのです。それが今でも残っているのです。
地方によっては節分は「年取りの日」と呼ばれて、一つ年齢をとるとされていました。そで、豆を年の数だけ食べるという習慣ができたと考えられているそうです。

節分に炒り大豆をまく理由は?「炒る」ことにも大きな意味があった。

1、生の豆を使って豆まきをすると、拾い忘れた時に、芽(=魔芽:まめ)が出てくるからと縁起が悪いといわれているためです。

2、陰陽道でよく使う五行(木火土金水)の相性の問題で、鬼は「金」のグループに属し、金に強いのは「火」だそうです。
生の豆は縁起が悪く「炒る」と「射る」の語呂合わせで。

豆まきのルール。

・大豆は炒った豆を使う。

・ いった豆は枡などに入れて神棚にお供えする。

・鬼は夜にやってくるので豆まきは夜に行う。

・豆をまくのは一家の主人が基本です。

・奥の部屋から順番に、鬼を追い出すような大きな掛け声をかける。
「鬼は~外! 福は~内!」

・豆まきが終わったら、すぐに自分の数え年(年齢+1)の数だけ豆を食べる。
豆を食べることで鬼退治が終了します。

福豆を食べると無病息災で過ごせるといわれています。

節分の豆まきに関する昔話し

むかしは、二月三日の節分の日は今の様な豆まきの日ではなくて、幸せを祈りに神社やお寺へお参りに行く日だったそうです。

ところが、そのお参りに行く人たちを、鬼たちが襲って食べるようになったのです。
それを知った神さまが、鬼の親分を呼び出して言いました。
「お前たちは、わしの所へ幸せを祈りにやってくる人間を食べているそうだな」
「はい、その通りです。しかし、むかしから鬼は人間を食うもの。他の食べ物では、体に力が入りません」

スポンサーリンク

すると神さまは、鬼に豆粒を差し出して言いました。
「それでは、お前たちに豆をやるから、この豆を育てて実らせてみろ。見事に豆が実ったなら、今まで通り人間を食べてもよい。その代わり、もし豆が実ならなかったら、人間を食べるのは止めるのだ。どうだ、約束するか?」
鬼の親分は、笑いながら約束しました。

「豆を実らすなど簡単な事。約束しよう」
そして神さまから豆をもらった鬼の親分は、子分の鬼たちと畑を耕すと、豆をまいてたっぷりと水をやりました。
 
ところが、いつまでたっても芽が出てきません。

「おかしい。こんなはずでは・・・」
鬼の親分は、神さまのところへ行って尋ねました。
「あの、神さま。もらった豆が変なんです。もしかして、豆が腐っていたのでは?」
「何を言う、わしも同じ豆を畑にまいたが、ちゃんと育っているぞ。見てみるが良い」
鬼の親分が神さまについて行くと、そこには青々とした豆畑が一面に広がっていました。
 
それを見て、鬼の親分は首を傾げました。
「おかしいな。なぜ、おれたちの豆は芽を出さんのだろう?」
「それでは、もう一度やってみるか?」
 鬼の親分は神さまからもう一度豆をもらうと、喜んで帰っていきました。

 実は、神さまが鬼に与えた豆は、火にかけて炒った豆なのです。
 これでは、どんなに頑張っても芽が出るはずがありません。

 しばらくすると、また鬼の親分が神さまのところへやって来ました。
「神さま、豆がどうしても芽を出さないのです」
「それは、お前たちが人間を食べたりするからだ。何なら、もう一度豆をやろうか?」

神さまが言うと、鬼の親分は首を振って言いました。
「いや、もう豆を見るのも嫌じゃ。約束通り、人間は食わない。・・・だけど、道で転ぶほど弱った人間くらいは食わせてくれ。ただし、疲れて転んだ人間は食わんから」

鬼の言葉に、神さまは少し考えてから頷きました。
「よし、いいだろう」
 
そして鬼の親分が帰ると、神さまは人間たちにこう言いました。
人間たちよ。もし道で転んだ時は、早口で『疲れた、休もう』と言うのだ。そうすれば、鬼が襲ってくることはない。それから、鬼は炒った豆が大嫌いじゃ。鬼が現れる節分の日は、炒った豆を鬼に投げつけてやるといい」

それから人間は、道で転ぶと、
「疲れた、休もう」
と、言うので、鬼は手を出す事が出来なくなりました。

そして、節分に炒った豆を鬼に投げつけるのも、この時からだそうです。

まとめ

節分の豆まきとは、 邪気(悪いもの)を追い払うために行われていた行事が、節分の行事に取り入れられたのですね。
今年は、そんなことも思いながら、節分の豆まきをしてみるのも良いのではないでしょうか。

※おすすめ記事

もうすぐ節分、春の訪れをつげるその由来や豆まきの意味をご紹介!

立春の時期や意味、立春大吉にまつわる言い伝えって?

恵方巻の由来や意味、2019年の方角と食べる時のルール

スポンサーリンク

 - 季節・行事