旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

大晦日の除夜の鐘!由来、歴史、打つ数の意味と撞き始めは何時?

   

年の瀬の風物詩と言えば、年越し蕎麦、紅白歌合戦にゆく年くる年…そして除夜の鐘ですね。
有名なお寺の僧侶が除夜の鐘をつく姿をテレビで見て、「あぁ、いよいよ今年も終わるなあ」なんて感慨深く思ったり、「ゴーン…」という独特の音色に心を落ち着かせ、新年への思いを新たにするという方も多いことでしょう。

ふと気がつくと始まっていて気がつかないうちに終わってる、そんなイメージの除夜の鐘ですが、いったいいつから行われているのか、
今日はそんな除夜の鐘の由来や歴史、鐘を撞く回数に隠された意味、名所と言われるお寺や寺院などをご紹介いたします。

スポンサーリンク

除夜の鐘の歴史や起源、回数に込められた意味

除夜の鐘の発祥は古く、鎌倉時代に中国から仏教が伝わった時に、除夜の鐘の文化も一緒に伝えられたとされています。
元々は鬼門(鬼が出入りする方角)を封じるために丑と虎の間の方角、今でいう北東に鐘(梵鐘)を置いていたのだそうです。
丑と虎は月に直すと12月と1月。そこで大晦日の夜に鐘をつき、鬼(災い)の出入りを防ぐというふうに少しずつカタチが変わって今に伝えられているというわけです。

除夜の鐘の除夜とは大晦日という意味。

厳しい日頃の修行により煩悩を取り除き、解脱して悟りの境地に達するという仏教の教えですが、修行を積んでいなくても除夜に鐘をつくことで煩悩を祓う力があるとされ次第に信仰が広まります。
古きを終え新しきに移る、1年の最後の日に撞く除夜の鐘だからこそ意味があるとされているのです。

ちなみに除夜の鐘は何回ついているかと言うと、正解は108回。なんだか中途半端な数のような気もしますが、これには諸説があります。

最も有名なのは人間の煩悩の数を表しているという説。

眼(げん)、耳(に)、鼻(び)、舌(ぜつ)、身(しん)、意(い)の六根に、それぞれ、好(こう=気持ちがよい)と悪(あく=気持ちが悪い)、平(へい=どうでもよい)があり、ここまでで煩悩の数は18。

これにさらに、浄(じょう=きれい)と染(せん=きたない)があって36。この36の煩悩に前世、今世、来世があるということで全部で108となるそう。

もうひとつの説は1年間を表しているという説。

12か月の12に、二十四節気の24と七十二候の数の72を足して全部で108、一年間を表す数が108というわけですね。

スポンサーリンク

ちなみにはじめの107回は旧年中について煩悩をはらい、残りの1回は煩悩に煩わされないよう願いを込めて、新年になってからつくのが習わしなのだそうです。

除夜の鐘はいつから何時まで鐘を撞く?

除夜の鐘が行われている時間、いつからいつぐらいまでだと思いますか?
お寺や寺院では大晦日から新年にかけての午前0時をはさんで除夜の鐘をついているとのことで、だいたいスタートするのが紅白歌合戦が終わる23:45くらいからが多いのだそうです。しかし15分間で107回の鐘をつくって、けっこう体力勝負なところもありそうですね。

お寺の僧侶やお坊さん、檀家さんだけでなく、一般の人でも鐘をつけるお寺も数多くあります。
ただし人気のある大きなお寺や観光地としても名高い場所などでは、事前に予約が必要だったり、整理券や無料のチケットを配布して混雑を緩和したり、有料制でその代わりに新年のお振る舞いがあったりなど様々。
気になるお寺がある方は、事前にインターネットなどで調べておくと安心ですね。

ちなみに近所にひっそりと建っているような地元密着の地域のお寺などではそれほど混雑することもなく、自由に除夜の鐘をつくことができることも多いです。
ゆく年くる年のテレビが始まるくらいのタイミングで初詣がてらのんびり出かけてみるのもよいかも知れませんね。

除夜の鐘の人気スポット、一度は訪れてみたい名所はどこ?

除夜の鐘の人気スポットはどんな時になったので少し調べてみました。

有名なのは京都の知恩院や清水寺、

東京の築地にある築地本願寺、
鎌倉にある長谷寺あたりだそう。
どこも観光地として、日本人のみならず外国の方からも人気の高いところばかりで、今すぐとはムリでもいつか行ってみたいです!

その他にも明石の月照寺、尼崎の本興寺、和歌山の金剛宝寺護国院(紀三井寺)なども人気があるそうです。
整理券やチケットなどは大みそか当日になる前に配布される場合もあるようなので、お出かけの予定がある方はインターネットなどで事前に調べてみてくださいね。

まとめ

名所と言われるお寺や寺院はたしかにテレビで見た記憶のある有名な場所ばかりですね!
せっかくだから訪れてみたいような気もしますが、そういえば、子どもの頃に遊んでいた近所のお寺でも除夜の鐘やっていたなあと、ふと懐かしく思い出しました。

今年の大晦日は気持ちを新たに足を運んでみてはいかがですか?

スポンサーリンク

 - 季節・行事