旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

賢いペット保険の加入、補償内容や選び方について!

   

最近はペットも家族同様に考える傾向が強まり、飼い主側のペットへの健康志向も高まっています。人間の場合は公的な医療保険に加入しているので、基本的に医療費の3割の負担で済みますが、ペットの診療費用は全額自己負担 高度な診察を受けると診察費用は急激に高額化してしまいます。そのため、ペット保険の加入が増加しているようです。

今回は、ペット保険の補償内容や選び方などについて調べてみました。

スポンサーリンク

ペット保険について

最近はペットの医療技術は急速に進化しています。人間と同様にCTやMRIのような高度な診療機器を用いたり、放射線治療などを行うケースも少なくありません。
飼い主にとっては非常にありがたいことですが、ペットの医療は自由診療なので、高度な診療を受ければ受けるほど、そのぶん費用も高額になってしまいます。

●ペット保険とは?

ペット保険人間でいう健康保険のようなもので、怪我や病気でかかる通院費や入院費用、手術費などを補償してくれます。ペットの診察費用は人間とは違い、自由診察で全額自己負担となります。

最近はペットの医療技術は急速に進化していて、人間と同様にCTやMRIのような高度な診療機器を用いたり、放射線治療などを行うケースも少なくありません。
飼い主にとっては非常にありがたいことですが、高度な診療を受ければ受けるほど、そのぶん費用も高額になってしまいます。
先々高額な医療費で困らないために、ペット保険に加入し、毎月少額の保険料を支払うことで補償を得る仕組みとして誕生しました。人間の医療保険と似た仕組みと考えるとわかりやすいでしょう。
ちなみに、病気予防の健康診断や予防接種は対象とされていないことが一般的です。

●ペット保険の始まり

ペット保険の始まりは、今から30年ほど前のイギリスといわれています。犬の飼い主だった女性がペットにかかる治療費の高さに驚き、自身でペット保険会社を設立したことが始まりとされています。

●広がりつつあるペット保険

現在、ペット保険を取り扱っている会社は15社あります。少額短期保険会社が11社、損害保険会社が4社という内訳となっています。

・少額短期保険会社は、2006年に保険法の改正で出来た、少額で短期の保険や掛け捨てのものを取り扱う会社です。保証額も1000万円までという決まりとなっています。手軽な金額で加入できる為、ペット保険が広がりをみせています。

・損害保険会社は、生命保険などの高額かつ長期、また運用型などを扱う会社です。損害保険会社の場合、万一経営破綻しても、損害保険契約者保護機構が補償してくれるなどメリットも大きいですが、料金は若干高い傾向となっているようです。

スポンサーリンク

ペット保険のメリットとデメリット

【メリット】

●大きな怪我や病気の際、安心して診察が受けられる

人間と同じでペットも若い時は元気でも、年を取ることで足腰を痛めたり、病気になったりすることが考えられます。特にガンなどの治療となると、まとまった医療費が必要となります。また近年、飼い主側のペットへの健康志向の高まり、昔よりも長生きしています。人間同様、ペットの病気や怪我のリスクに備えることには、ペット保険は大きなメリットといえることです。

【デメリット】

●ペット保険に加入しても利用しない場合もあり得る

ペットに限ったことではありませんが、全く保険を使わず、解約したりペット自身が死んでしまうことも考えられます。保険にするよりも、医療費として自分で貯金しておく方が良いと感じる人もいるかもしれません。

ペット保険の選び方

●ペットの保険料と補償内容のバランスの良いものを見つける

・保険は先々のリスクを回避するためのものです。無理なく支払える金額設定にすることは、とても大切です。また、支払っている保険料に対して、補償内容が適切かどうか、見極めることも大切です。

・犬を例に挙げると、犬種によってかかりやすい病気に違いがあります。加入を考えている保険内容が飼っているペットのリスクを軽減できるのかを知り、マッチしているのかを確認すべきです。

・補償プランに関しては、補償割合が大きく、補償限度額・限度日数(回数)が多いほど、保険料が高くなるというのが基本的な考え方です。また、特約を付帯するとその分、保険料は追加されます。

●ペットが高齢になったら保険に加入できない

一般的に、ペット保険の加入の年齢制限が設けられています。
8歳までの場合が多いようです。「後々入ろうかな?」と考えている方は、早めに行動するのをおすすめします。

●「免責」( 補償対象外項目)に気をつける

ペット保険の中には、免責(補償対象外項目)が設定されているものがあります。これは保険料を安くするために設けられています。ということは、少額の診察の場合、保険料が支払われない可能性も。「保険料が少々高くても、保険金はしっかり受けとりたい」という方は、免責無しを選択しましょう。

まとめ

治療費を出せず、満足に治療をすることが出来ないとなると、ペットも飼い主側も苦しいですよね。お守り代わりに加入するのも良いかもしれません。
もしペット保険の加入を出来るだけ賢く考えるなら、補償内容の比較はもとより、保険料もしっかりと比べてみたほうがいいでしょうね。
検討される際は、各保険の特徴を把握して、納得の1社を見つけてくださいね。

スポンサーリンク

 - 動物