旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

LCC(格安航空)の特徴と国内外のおすすめ旅行先

   

一昔前は飛行機の旅というと高い!時間がかかっても電車などにしていた人も多かったと思います。
しかし現在はLCC(ローコスト・キャリア)が登場し、一度は乗った又は乗ってみたいという人も多いのではないでしょうか。
「LCC=安い」というイメージはありますが、そもそもレガシーキャリア(大手工航空会社)と何がどう違うの?という疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。


スポンサーリンク


【LCCの主な特徴】


LCCの一番の特徴は、やはり安さですね。
通常の基本料金でも片道2千円代~という驚異のプライスですし、季節のセールやキャンペーンなどでは千円以下という場合もあります。
しかし、先着順で常に争奪戦が繰り広げられています。
注意したい事は、最低金額の場合は通常は季節や曜日が、閑散期で飛行機の出発時間もかなり早朝発か深夜発という事が多いという事です。
又、乗り継ぎがある場合は、乗り継ぎの現地待ち時間が長く不便を感じるという事もありますが、とにかく安く行きたい!という人はこういったセールを利用するのも手でしょうね。

機内サービスが簡素化している>


国内線、国際線共に機内で使うブランケットや枕、機内ステレオ・TVのイヤホンなどが有料になる事が多く、自分でブランケットや服を持ち込む寒さ対策をしてもいいでしょう。
機内食も事前予約制の有料で、ドリンクもその都度機内で買う必要があるというLCCもあります。


<予約の変更、キャンセルの違い>

LCCでは通常は一度予約した後は、日時の変更が有料の事が多いですし、中にはキャンペーン商品などの場合は、変更不可という事もありますので、予約をする時に隅々まで注意事項を読んでおく必要がありますね。


荷物預けが有料である>


レガシーキャリアでは通常1~2個までは荷物を無料で預けられますが、LCCは有料となるエアラインがほとんどです。
重さも制限があり、機内に持ち込める荷物に分散するなど工夫する事をお薦めします。



機内の座席が狭い>

LCCの代表的なイメージの一つが「座席が狭く窮屈」。
実際、座席と座席の間隔は通常の便よりも数十センチは狭くなっていますので、体の大きな人や男性は窮屈だと言う人も多いでしょう。
会社によって広い座席を有料で予約出来る事もありますので、レガシーキャリアと料金面など比較し検討してみると良いでしょう。



【LCCで行くお薦め旅行先】



<札幌>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スポンサーリンク

札幌へのLCC便はピーチアヴィエーション、ジェットスター、バニラエア、春秋航空が運行しています。運行先は成田、関空、名古屋、仙台など豊富です。



<奄美大島>


バニラエアが成田-奄美大島間を運航しています。関東地区の人はより気軽に行けるようになりました。


<沖縄>

那覇へは、ピーチアヴィエーション、ジェットスター、バニラエアなどが運行しています。国内の運行先は札幌、成田、関空、名古屋、福岡などです。

海外へはソウル、香港、台北、ホーチミンへ運行しています。

又、海外の韓国系LCCとしては、チェジュ航空、ジンエアー、イースター航空、ティーウェイ航空などが運行しています。ソウル、プサン、テグなどです。



<ゴールドコースト、ケアンズ>


成田と関空からジェットスタージャパンが運行している。
従来はLCCというと近距離のアジアがメインでしたが、約10時間のフライトの長い距離でも運行しているLCCです。
特にゴールドコーストはレガシーキャリアでは従来ブリスベンからの移動かケアンズやシドニーからの国内線乗り継ぎでしたが、気軽に安く行けるようになりました。



<シンガポール>


成田からスクート、羽田からはエア・アジアXでマレーシアのクアラルンプール経由で運行しています。首都圏からのLCCは成田空港からがほとんどです。
最近は、まだまだ少ないですが、羽田空港発のLCCも運行しています。
スクートはシンガポール系列のLCC、エア・アジアXはマレーシアを拠点にするアジア最大のLCCです。



<台北>

今や週末のプチ旅行感覚で訪れる人も多い台湾です。
日本からは沢山のLCCが運行してます。
タイガーエア、ピーチ・アヴィエーション、スクート、ジェットスター、バニラエアが全国のLCC拠点空港から運行しています。日本から一番身近に海外に行けるのは台湾と言えますね。



まとめ


LCCは上記以外にも様々な都市に運行しています。実際に自分で利用してLCCとレガシーキャリアの違いを発見してみるのも面白いかもしれませんね。

これから2020年のオリンピックに向けてLCCの就航が増えていくと予想されますので、益々注目が高まるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 - 乗り物