旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

歯ぎしりの原因とは?歯・体と睡眠への影響や対策方法

   

スポンサーリンク

ご家族や友人などから、歯ぎしりがすごいと言われたことがあるという方、おそらく結構いらっしゃるのではないでしょうか?
一人暮らしではなかなか気がつかない、睡眠中の歯ぎしりを指摘されて、自分が?と驚いたり、そんなに大きな音がしているとはにわかに信じられなかったり、またかぁなんて、いつもの事だとたいして気にも留めていなかったり…その反応はその人によって様々かも知れませんね。
特に自覚症状もない場合は、放置してしまいがちな歯ぎしりですが、歯にはもちろん、カラダや睡眠に影響が出ることも多く、決して軽く見過ごしてはいけないのだそう。
そこで歯ぎしりの原因や歯や体への影響、適切な対処方法など、お伝えしていきたいと思います!

歯ぎしりはなぜ起こる?

健康な人でも睡眠中ひと晩に1回ほど、10~15分くらいは歯ぎしりをしているのだとか。しかしひどくなって常習化すると毎晩1時間以上も歯ぎしりをする人もいるとのことで、そうなるとただうるさいだけではなく、歯や体にもさまざまな影響が出てきてしまいます。

歯ぎしりは自覚していない人も多く、その原因はまだ明らかになっていない部分も多いようですが、ストレスなどの精神的な要因、歯並びの乱れや噛み合わせの不良といった物理的な要因が関係していると考えられてます。
特に肉体的、精神的なストレスを発散するために歯ぎしりをするということが分かってきており、歯ぎしりには以下の3つのパターンがあるといわれています。

・グラインディング:いわゆる睡眠中にギシギシと音を立てる歯ぎしり。
・クレンチング:歯をぎゅっと噛み締めた状態で無音。
・タッピング:歯をカチカチと音を立てて噛み合わせる行為。

これらはブラキシズム(口腔内悪習慣)とも呼ばれ、特に起きている間に歯ぎしり(クレンチング)の傾向があると、睡眠中にも歯ぎしり(グラインディング)の症状がみられることが多いそう。
まさに歯をくいしばることでストレスに耐えようとしている、心からのSOSである可能性が高いというわけですね。

歯ぎしりは歯やカラダにまで影響がおよぼす

歯ぎしりをしたからといって、決定的に体調が悪くなったり、体に今すぐ不調をきたすというわけではありませんが、歯ぎしりは歯はもとよりカラダにも様々な良くない影響を与えると言われています。

代表的なところだと、歯を強く噛みしめることにより、歯がすり減る、欠ける、割れる。
歯肉に負担をかけて歯周病を進行させる、顎に力がかかりすぎ顎関節症を発症するなどの口腔内やアゴ周りに関する症状の他、肩コリや頭痛、腰痛、めまいなど、思いもかけない症状を引き起こす可能性もあるそう。
たかが歯ぎしりと軽く見るのは、少々危険と言えるかも知れませんね。

スポンサーリンク

歯ぎしりの効果的な対策方法

歯ぎしりを誰かに指摘されたり、歯がすり減る、欠けるなどといった気になる症状がある場合には、歯科医院に相談するのが改善への近道です。

歯科医院に相談する

・歯のすり減り具合などからきちんと診断してもらうこと。

・生活習慣改善の指導。

・マウスピースを使ったスプリント療法。

・漢方などの薬を使った顎の筋肉を緩めるための対処。

・ストレス、イライラや不安を改善させるための認知行動療法。

それぞれに合った多様な治療法があるようですので、専門家にお任せするのがよいですね。

歯ぎしりの治療実績の多い、歯ぎしり治療を得意とする歯科医院もありますので、訪れる際にはホームページなどを見て、チェックしてからのお出かけがおすすめです。

ちなみにマウスピースは保険が適用され5000円程で作ることができるそう。歯がすり減ってしまい知覚過敏などの症状がある場合には、早めに相談されると良いかも知れません。

自宅でできるセルフケア

・規則正しい生活を送る。

・適度な運動でストレスを緩和する。

・バランスよく充分な栄養(たんぱく質、ミネラル、ビタミンB群、亜鉛、鉄)をとる。

・寝室はリラックスした雰囲気にして枕の高さはご自身に合ったものにする。

などの対策も歯ぎしり改善に有効だそうです。できることから生活に取り入れて、夜はしっかりとぐっすり休みましょう。

まとめ

ストレスの多い現代社会では、大人ばかりではなくお子さんや犬・猫などのペットも歯ぎしりを起こすことがあるそうです。
虫歯ではないのに朝起きると奥歯が痛い、アゴが妙に疲れている、起きている時も歯をくいしばる癖がある、慢性的に頭痛や肩凝り持ちの方などは、夜中に歯ぎしりをしていないか、注意してご自身を観察されてみても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

 - 美容、健康