旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

ヒアリに噛まれた時の症状と対処法!見かけたらどうすれば良い?見分け方は?

   

台湾から輸送コンテナに乗って日本に侵入した害虫「ヒアリ」
このヒアリに噛まれると、どのような症状が引き起こされるのでしょうか。
また、噛まれた時はどう対処すれば良いのでしょうか。

今回は、ヒアリに噛まれた時の症状と対処法、他のアリとの見分け方と見つけた場合の対処法を併せてご紹介いたします!

スポンサーリンク

ヒアリに噛まれた時の症状

福岡県から東京都までの広い範囲で確認されているヒアリ。
これまで国内内で10ヶ所で目撃されており、7月27日にはコンテナの積み下ろし作業中だった男性が初めて噛まれました。

ヒアリに噛まれた時、いったいどのような症状が起こるのでしょうか。

アルカロイド系の毒素で激しい痛みを伴う

ヒアリの毒は、窒素元素を含む塩基性の有機化合物「アルカロイド系毒素」で構成されています。
この毒の主成分は「ソレノプシン」で、この毒素で噛まれた場合は火のような熱い感覚と激しい痛みを伴います。
更に、噛まれた箇所は水ぶくれのように腫れてしまいます。

アナフィラキシーショック

これらヒアリの毒は、ハチの毒に共通する成分「ホスホリパーゼ」や「ヒアリロニダーゼ」が含まれており、その成分に対してアレルギー反応を起こす危険性があります。

アレルギー反応を起こすと、アナフィラキシーショックを引き起こす危険性が考えられ、適切な処置を行なわなければ、命に関わることも十分ありえます。

<アナフィラキシーショックの症状>

• めまい
• 頭痛
• 激しい胸の痛み
• 吐き気や嘔吐
• 重度の発汗
• 低血圧
• 呼吸喪質
• ろれつが回らない 等

ヒアリに噛まれたら死ぬの?

一部報道では、ヒアリに噛まれるとと死ぬといった極端な報道をしていることから、「噛まれると死んでしまうのではないか?」と怯えている人も少なくないはず。

国際社会性昆虫学会日本地区会(JIUSSI)のHPによると、「ヒアリに噛まれてまず死ぬ事はない」と明記しています。

海外で死亡例があったとの報道もありましたが、それはヒアリに噛まれてアナフィラキシーショックを起こしたからであって、ヒアリに噛まれたことが直接的な原因ではありません。

ヒアリに噛まれた時の対処法

過去にハチに刺されてアレルギー反応が出た人は、ヒアリに噛まれると同様にアレルギー反応を引き起こす危険があります。

万が一、ヒアリに噛まれた時の対処法は、いったいどのようなものなのでしょうか。

安静にして20分様子を見る

ヒアリに限らず、虫に刺されると患部をさすったり、つねったりして毒素を出そうとしたくなりますが、NGです!

まずは、静かに横になって20分程度安静に様子を見ます。
これは、アナフィラキシーショックの発生を防ぐための行動です。

スポンサーリンク

続いて、静かに横になっている間に患部を冷やします。
虫刺され用の薬があれば、薬を塗ります。

様子を見ている間に少しでも体調に異変があれば、救急車を呼びましょう。

20分後に病院へ行く

前述したアナフィラキシーショックの症状がなければ、病院を受診します。
直接病院を受診するのではなく、まずは電話は「ヒアリに噛まれた可能性がある」と連絡を入れておくと、診察がスムーズです。
この時に、20分様子を見たが異変は無かったとも伝えておきましょう。

ヒアリの見分け方!ヒアリを見かけたら?

ヒアリは攻撃性が高く、強い毒をもっています。
ヒアリをしっかり見分けられるようになっておくことで、ヒアリに噛まれることを防ぐことができます。

では、ヒアリの見分け方はいったいどうすれば良いのでしょうか。
ヒアリを見かけた時の対処法と一緒にご紹介いたします。


ヒアリの見分け方

ヒアリは、赤褐色でお尻の部分が黒いのが特徴です。
体全体に光沢があり、少し光って見えることもあります。
体調は2,5~6mm程度なので、日本本来のアリと比べると少し小さいのも特徴の一つです。

類似するアズマオオズアリとの見分け方は、アズマオオズアリはお尻がシマシマ模様なんです。
同じ赤褐色の体をしていますが、お尻に違いがあるということは覚えておきましょう。

ヒアリを見かけた時の対処法

ヒアリと思われるアリを発見したら、絶対に触らないようにしましょう。
子供が面白半分に触ることがあるので、しっかりと保護者の方が見張るようにします。

次に、警察や自治体に連絡をします。
すぐに結果が欲しい場合は、直接環境相に連絡を入れるといいでしょう。

まとめ

ヒアリに噛まれるとまずは熱いと感じ、次に激しい痛みに襲われます。
場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こすこともあるので、噛まれたら20分は安静にしておくようにしましょう。

20分経っても体に異変が起こらなければ、アナフィラキシーショックの危険が少なくなったので、病院を受診します。
安静にしている間に体調が悪くなれば、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

ヒアリを見かけたら、警察や自治体・環境省に連絡をいれます。
絶対に捕まえようとして触らないように注意しましょう。

万が一ヒアリに噛まれたり、見かけたりしたら、今回ご紹介した方法を実践してみてくださいね!

スポンサーリンク

 - 災害