旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

紅葉シーズン到来、葉が色づく理由や条件、名所などをご紹介

   

すっかり秋も深まり、空気がひんやりと感じられる日も多くなってきました。寒い地域や標高の高い場所などでは、そろそろ木々の葉が色づきはじめるころではないでしょうか?
体感的に心地よい季節ということもあり、紅葉狩りなど、自然あふれるスポットへの観光を楽しまれる方も多いことでしょう。
そこで今日はこの季節に紅葉する理由やメカニズムをひも解きながら、紅葉狩りに最適な時期、全国でも有数の紅葉狩りの名所やおすすめスポットなどご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

葉っぱが色づくメカニズム

モミジやカエデなどの赤く色づく葉と、イチョウやケヤキ、ポプラなど黄色く色づく葉、実はこの2種類の葉が秋になると色づくメカニズムは違っているのだそうです。

まず植物の葉はクロロフィルという緑色の色素を持っているため、通常緑色をしています。
そして葉緑体で光合成を行い、生きるために必要な栄養素を生成しているのは、皆さんご存知の通りですね。日差しがたっぷりと降り注ぐ季節には光合成が活発に行われ、栄養もたっぷりと得ることができます。

しかし季節が秋へと進み日差しが弱くなってくると、光合成をしても栄養を充分に作り出すことができなくなってしまいます。効率が悪くなってしまうばかりでなく、光合成に必要な栄養が足りてない状態では、光合成を行うこと自体がわりに合わないという状況になり、木は落葉の準備に入ります。
葉緑体は不要となるため分解され、葉に残っていた栄養素と合わさり、アントシアニンという赤い色素が生成されるため、葉が赤くなる(紅葉する)という仕組みです。

一方、黄色く色づく黄葉はどうかというと、光合成ができなくなると葉を落とすため、水分・栄養分を葉に送るのをやめてしまいます。するとクロロフィルを含む葉緑素が分解され壊されて、緑色が見えなくなっていきます。そうなるとやがて、緑色に隠れてこれまで見えなかったカロチノイドという黄色の色素が表面に出て見えてくるようになるのです。こちらは紅葉と違い、黄色の色素を元々持っていたという訳ですね。

スポンサーリンク

美しい紅葉になる条件

紅葉は朝の気温が6~7度となる時期に入ると少しずつ始まります。この朝の気温が20~25日ほど続いた頃が見頃と言われており、最も美しい紅葉が鑑賞できるのだそうです。また色鮮やかに美しく紅葉するにはいくつか条件があります。

・日中の天気がよく、光合成をしっかり行いたっぷりと栄養(糖分)が生成されること。
・昼夜に寒暖差が大きく、夜間は温度が下がって夜の活動が抑えられること。
・適度な水分・湿度があり、紅葉前に葉が枯れてしまわないこと。

はっきりとした四季があり、適度な雨量と寒暖差のある日本は、世界でも最も紅葉が美しく見られる国だそう。
遥か昔の時代から、紅葉狩りなど年中行事のひとつとして、人々が色づく木々を愛で、季節の移ろいを感じていたというのも納得ですね。

紅葉で訪れてみたい名所の数々

それでは、もみじ狩りの名所として人気のスポットを、いくつかご紹介していきたいと思います!

・定山渓(北海道)

美しく色づくカエデ、ヤマブドウ、ナナカマド、サクラなど、温泉街から続く散策路を歩きながら楽しめます。例年10月中旬に見頃となります。

・栗駒山(岩手・宮城・秋田)

東北の名峰栗駒山では、ブナ、ナナカマドなどが美しく山全体を覆う、雄大な自然美が楽しめます。登山客にも人気で、山頂からは太平洋まで望めまさに絶景!

・那須高原(栃木)

那須岳、茶臼岳、朝日岳でもみじ、ナナカマド、ドウダンツツジの紅葉が美しく見られます。山頂まではロープウェイがかけられ、そこからの眺望は特に素晴らしいのだとか。

・高尾山(東京)

都心から電車で行ける好立地の高尾山。秋のモミジの美しさは格別といわれ、約1カ月の間、最盛期には赤や黄色のトンネルができ多くの登山者の目を楽しませているそう。

・永観堂禅林寺(京都)

京都市左京区にある寺院。約1000年以上もの間「秋はもみじの永観堂」として、観光客にはもちろん、市民からも愛される紅葉の名所中の名所です。

まとめ

山の紅葉が終わると、季節は冬に向かって少しずつ進んでいきますね。
本格的に寒い冬を迎える前に、お近くの紅葉狩りへ出かけて、大自然の醍醐味を思う存分満喫してみるのも良いかも知れませんね!

スポンサーリンク

 - 旅行,アウトドア