旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

年中購入できるきのこの旬はいつ?栄養成分や健康効果、美味しく食べるコツのご紹介

   

いつの時期でもスーパーに行けば、年中手頃な価格で購入できるきのこ類。野菜や肉・魚などと同様に、毎日の食卓に欠かせない食材のひとつですよね!

しかしどの時期でも手軽に買うことができるので、きのこの旬についてはあまり気にしたことがなかった、なんて言うことはありませんか?
一年中食べられるきのこではありますが、天然のものの旬はまさに秋、今の時期が旬なんです。
そこで、きのこの旬のお話や種類による特徴、おいしく頂くためのちょっとしたコツについて、見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

秋はきのこの旬ですね!

スーパーなどでは一年中買えるきのこ類ですが、これは栽培されているきのこだからです。ハウスなどで温度・水分などきちんと管理されているから、一年を通して、安定した価格で購入できると言うわけなのです。

では天然物や露地栽培されているキノコの旬はいつかというと、しいたけが春と秋の2回、ぶなしめじ、まいたけ、なめこなどは9~11月の秋の時期、ヒラタケが晩秋から春にかけてということで、秋の季節が多数派。
そして、秋の味覚の王者「松茸」はというと、8月末くらいから収穫されるようになり、最盛期は9~10月の時期とのこと。

ご家庭でキノコ栽培をされている方やきのこ狩りをされる方などは、毎年この時期を楽しみにされていることも多いようですね。旬のきのこは味わいや食感、香りのよさも格段によく、体に嬉しい栄養成分もたっぷり。
旬の時期にしか味わえない季節の味覚を、一年に一度くらいは楽しんでみたいです!

きのこの種類と栄養や見分けるコツ

きのこは低カロリーなうえ、ビタミン、ミネラル、食物繊維をたっぷり含んだスーパーフード。ここ最近の菌活ブームでまた新たに注目されていますよね!そんなきのこの栄養や見分け方など種類ごとに見ていきましょう。

・しいたけ

エリタデニンという成分が動脈硬化の予防に、ビタミンDが骨粗しょう症予防に、食物繊維がお通じ改善に効果を発揮。
肉厚でカサが開きすぎず、軸が太くて短いものが良いようです。

・ぶなしめじ

ビタミンB2が多く含まれ、動脈硬化など成人病の予防に効果があるそう。
弾力がありカサが開きすぎていないものを選びましょう。

・えのきだけ

ビタミンB1やB2、カリウムが多く、疲労回復や便秘、成人病やガン予防に効果があるそう。
軸にしっかりとハリがありキレイな乳白色の物が新鮮です。

スポンサーリンク

・なめこ

ぬめりに含まれるムチンが消化吸収を助け粘膜を保護します。水溶性の食物繊維は大腸がんの予防に効果があるのだそう。
かさが丸くて硬く、軸の太いものを選びましょう。

・まいたけ

多くの薬効効果があり、特にβ-グルカンなど多糖体の免疫力アップ効果、ビタミンB2やD2の骨を強くし老化を予防する効果、ナイアシンには血圧を安定させる効果も。パリッとカサにハリがあり、肉厚のものを選びます。

・エリンギ

ビタミンDやB1、カリウム、食物繊維、トレハロースを含み骨粗しょう症予防にも効果的。カサのすぐ下にあるヒダがはっきりしているものが新鮮です。

・ひらたけ

必須アミノ酸のリジンや食物繊維、ビタミンB2がたっぷり。高血圧や動脈硬化、肌荒れ・口内炎の予防に効果があります。

きのこを美味しく食べるコツや保存方法

それでは、きのこを美味しくいただくコツをご紹介していきたいと思います。

・水で洗わない

え!! 洗わなくて大丈夫?

と思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、通常スーパーで購入する栽培きのこは洗わなくて大丈夫なのだとか。水溶性の栄養素を多く含むきのこは、洗ってしまうと栄養や風味が損なわれて、水っぽくなって食感が落ちてしまうそうです。
気になる場合はさっと水洗いしてすぐに水気を拭き取るか、キッチンペーパーなどで優しく汚れを拭き取るようにします。

・冷凍保存でうまみアップ

きのこは冷凍保存ができます。冷凍する事で細胞壁が壊れ、うまみ成分が外に溶け出しやすくなるのだとか。
調理の際は冷凍のまま汁物や炒め物、炊き込みご飯などにも使いやすいですよ。
数種類のキノコを使いやすい大きさにカットしたミックスきのこを冷凍で常備しておくと便利です。

・調理時のポイント

うまみや栄養成分が損なわれないよう、加熱しすぎに注意します。
きのこ類は火が通りやすい食材ですので、炒め物や汁もの、お鍋などでも、きのこは最後に投入してさっと火を通すようにするのが美味しく食べるコツですよ!

まとめ

きのこはお鍋や炒め物をはじめ、お味噌汁やカレーやシチュー、細かく刻んでサラダやハンバーグなどなど、何にでも使える万能食材です。
安い時にたくさん買っても冷凍できるので、常にストックして置くとよいですね。いつもの定番メニューにプラスして、キノコの嬉しい健康パワーをたっぷり摂っていきたいと思います!

スポンサーリンク

 - 食物、グルメ