旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

2017年の中秋の名月はいつ?中秋の名月の由来とは

      2017/09/13

毎年秋になると、「中秋の名月」という言葉をテレビなどでよく耳にします。
中秋の名月とは、毎年暦上の決まった日にお月見をする習慣です。

今年はいったい何月何日に中秋の名月にあたるのか気になりますよね。
また、中秋の名月の由来も気になります。

今回は、中秋の名月の由来と、2017年の中秋の名月の日をご説明いたします。

スポンサーリンク

中秋の名月とは

「中秋の名月」と聞けば、満月が綺麗でお月見をする日とイメージしますよね。
この中秋の名月とは、もともと農家のお祭りだったんです。

中秋の時期にお月見をするのは、農家の夏の作物の収獲が一段落し、稲刈りをするまで少し手が空く時期に、稲の豊作を祈る宴として、中秋の名月の宴が開かれました。

また、稲の豊作だけでなく芋類の収穫祭としても宴が開かれることから、中秋の名月のことを「芋名月」と呼ぶこともあります。

これら農家の宴が起源とされる一方で、中国からの渡来説もあります。
中国では古くから月を見る「望月」という行事が催されており、平安時代に遣隋使によって伝えられたものが日本で根付いたとの説もあります。

記録に残っている日本最古のお月見は、909年(延喜9年)に醍醐天皇が月見の宴を初め開きました。

「中秋」と「仲秋」の違いは?

中秋の名月は、「中秋」もしくは「仲秋」と表記されることがあります。
どちらも同じ「ちゅうしゅう」と読みますが、その意味は異なります。

まず、「仲秋」は、旧暦の8月を指します。
対して「中秋」は、秋のちょうど真ん中であたる旧暦の8月15日を指します。
一般的には、「ちゅうしゅうの名月」は旧暦の8月15日に見える満月を指すことから、「中秋の名月」と表記するのが正しいということになります。

どうやって毎年の中秋の名月は決まるの?

旧暦の8月15日を中秋の名月と言うのは分かりましたが、どうやって毎年中秋の名月の日程を決めるのでしょうか。

スポンサーリンク

毎年微妙に日付が違うことから分かるように、ちゃんと中秋の名月の日を決める方法があるんです!

太陰太陽暦で算出する

月の欠け満ちを基本とする太陰太陽暦で、中秋の名月の日程は決められます。
月の満ち欠けを基準として、29日~30日を1ヶ月とし、1年を12ヶ月=354日で計算しています。

このように暦の日にちにずれがあり、うるう年も入ることもあるため、旧暦の8月15日は新暦(現代)で9月7日~10月8日のどれかの日になります。
この周期は、19年でちょうど1周するようになっているんですよ!

中秋の名月は満月とは限らない

旧暦では新月を1日、満月を15日とし「十五夜」とも読んでいました。
十五夜は、中秋の名月である旧暦の8月15日を意味します。
しかし、十五夜は暦の上での満月を意味しているだけなので、実際にこの日に満月になるとは限りません。

月の公転軸道は楕円を描いていて、速度が一定ではないため、新月から満月になるまでの日数が必ずしも15日ではないためです。

2017年は10月4日(水)が中秋の名月!

2017年の中秋の名月は、10月4日(水)です。
この日は満月の2日にあたりますので、満月でないにしろ綺麗な月を見ることができます。

月が顔を出す「月の入り」は、16時41分。
この時間から、中秋の名月を楽しむことが出来るでしょう!

まとめ

中秋の名月は、農家の稲の豊作を祈った宴という説や、平安時代に中国からやってきた風習という説があります。
暦上の8月15日を指し、現代の暦では9月7日~10月8日のいづれかの日にあたります。

中秋の名月と聞けば満月をイメージしますが、必ずしも中秋の名月が満月になるとは限りません。

2017年の中秋の名月は、10月4日(水)です。
月の入りが16時41分なので、この時間から中秋の名月を楽しむことができます。

天候はまだ不明ですが、あとは晴れることを祈って、今年の名月を楽しみましょう!

スポンサーリンク

 - 季節・行事