旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

読書は人間にとって必要ですか?本を読む効果、メリット?

   

すっかり秋らしくなりました。

秋と言えば、やっぱり「読書の秋」ですね!
小さい頃から、「本をしっかり読みなさい。賢くなるよ!」と言われ、沢山の本を読んできました。賢くはならなかったけど!確かに知識は広がりますね。

そんなわけで、読書って本当にいいのかな?と思ったので、読書することで、体の与える効果、メリットについて、まとめてみました。

スポンサーリンク

読書することで体に与える効果

1、ストレスの削減

ある大学が行った研究によると、 6分の読書がストレスを68%も軽減する効果があると言うことです。
音楽を聴くと61%
コーヒーを飲むと54%
散歩は42%
ゲームは21%と言うことです。

静かに読書することは筋肉の緊張をほぐし、心拍数を下げ効果がある。
筋肉の緊張をほぐすというのです。

2、脳の活性化を助ける

読書は脳にも良い影響を与えてくれる。
高齢者の方が読書をすると、脳が刺激を受けて活性化する。

3、記憶力を助け、老化した脳の働きを助ける

脳に情報を記憶する機能を助ける効果があるという。
書いたり、読んだりすることは、脳の活性化につながるそうで、老化した脳には効果が持てそうです。

読書することのメリット

1、知識がつき話題が増え、コミュニケーション能力がついてくる

本を読むことで色々な知識を得ることができます
そうすれば、人との会話で話せる話題が増えることで、みんなの話題の中に入っていくことが出来、コミュニケーション能力が付いてきます」。
また、問題解決能力も上がり、困ったことへの対処も解決しやすくなるのではないでしょうか。

2、時間を有効に使うことができる

スマホをいじるより、本を読むよう。

スポンサーリンク

3、語彙力・国語力がつく

本を読んでいるうちに知らない言葉もでてくると、自分で意味を調べたり、解説などで理解することもあるでしょう。新しい言葉を知っていくことで語彙力が増していきます。

4、視野が広がりアイディアが生まれやすくなる。

6、読書は自分自身を高めてくれる趣味

子どもが読書好きになると、どんな効果があるのか。

・文章を読んで内容を理解する力と語彙(ごい)力がつく。

読書をすることで自然と読解力が身につき、国語力があがりの成績に出るだけでなく、算数の文章問題、他の科目の理解にも効果的です。

・集中力が養われる

本を読むことで、「本を読む」ことに没頭することで、自然と集中力が養われる。

・人の気持ちを理解する能力

本の中の登場人物の気持ちになって本を読むので、様々な考えや気持ちを理解することができる。

・想像力や知識が豊かになる

本の中であらゆる名前や言葉などの知識を得ることが出来る。
読んでいる本の世界の中に入りこみ、違った世界を経験することで、想像力が豊かになる。

まとめ

読書をする人としない人とでは、確実に情報量・知識量の差があります。
ある塾の先生がおっしゃっていました。
「読書しない子は、国語の成績は芳しくなく、数学の文書問題、英語の長文は苦手な結果となっています。」

読書の好きな子どもは本からたくさんの知識を得ることできるし、自分の頭で考える習慣を身につけているそうです。小さいうちは読み聞かせてあげ、少し大きくなると本に親しむ機会を与えてあげることで、読書が好きな子供になるのではないでしょうか。

大人も読書することで頭がよくなって、健康でいながら長生きできるってことです。

やはり読書は素晴らしいですね。

スポンサーリンク

 - 学び