旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

生前、死生観を語られていた、樹木希林さんの言葉

      2018/09/21

スポンサーリンク

俳優の樹木希林さん、9月15日に75歳で死去されました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

「私、とにかく今、一人でやっているでしょ。ここに来るのも一人、何をするのも一人。誰かに頼むと、その人の人生に責任を持てないから。」と、キッパリ。

彼女の人生観に魅せられますね。

何事も一人でやってこられ、すべてのことに対し、人一倍責任感が強い方だったのでしょうね.
樹木希林さんの言葉をいくつかご紹介します。


(仕事や人生を楽しむ秘訣について)
他人(ひと)と比較しない。

世間と比較しないこと。

比較すると這い上がれないので。

挫折するので


がんはありがたい病気。

周囲の相手が自分と真剣に向き合ってくれますから。

ひょっとしたら、
この人は来年はいないかもしれないと思ったら、
その人との時間は大事でしょう?

そういう意味で、がんは面白いのよ


美しさ、醜さについて
それはその人から見て、
美しければ美しく、
醜ければ醜いし。

だってあんなに顔を引っ張ってしわを伸ばしたって、
その人は「美しい」と思ってやっているけど、
「変なの」って思う人もいるし。

すべてそうじゃないですか


自分がいつまでもっていうことが美しいと思っているなら、
この世の中に排除されたらつらいでしょうけど。

それが普通だと思っていたら、
排除されるっていうことはひとつもいやじゃないわよ


人がうれしかったりした時に、
泣くことが多いわね。

悔しい、
悲しい、
で泣いたことはないわね。

「なんてすてきなことを言うんだ」っていう時に泣けてくるね


やったことがほんのわずかだもの。

やり残したことばっかりでしょう、
きっと。

一人の人間が生まれてから死ぬまでの間、
本当にたわいもない人生だから、
大仰には考えない


あのね、
年をとるっていうのは本当におもしろいもの。

スポンサーリンク

年をとるっていうのは絶対におもしろい現象がいっぱいあるのよ。

だから、
若い時には当たり前にできていたものが、
できなくなること、
ひとつずつをおもしろがってほしいのよ


どれだけ人間が生まれて、
合わない環境であっても、
そこで出会うものがすべて必然なんだと思って、
受け取り方を変えていく。

そうすると成熟していくような気がするのよね。

それで死に向かっていくのだろうと思う。

でも人間ってだらしないから、
あんまりいい奥さん、
あんまりいい旦那さん、いい子供で楽だと、
成熟する暇がないっていうか


この年になると、
がんだけじゃなくていろんな病気にかかりますし、
不自由になります。

~中略~ でもね、
それでいいの。

こうやって人間は自分の不自由さに仕えて成熟していくんです。

若くても不自由なことはたくさんあると思います。

それは自分のことだけではなく、
他人だったり、
ときにはわが子だったりもします。

でも、
その不自由さを何とかしようとするんじゃなくて、
不自由なまま、
おもしろがっていく。

それが大事なんじゃないかと思うんです

若い頃の樹木希林さん

飽きたでしょ、
おなかすいたでしょ、
って思っちゃう。

私がくたびれちゃうのね。

だから一人でやろうと思うの。

それで、一人でできなくなったら、
「これにてご無礼いたします」。

そうだね、
最後のセリフは「はい、みなさん、今世はこれにてご無礼いたします」。

いいセリフだよね

※樹木希林さんの言葉は、年齢を問わず私たちの心に刺さる言葉ばかりですね。
これらの言葉は、女性の背中を押してくれる言葉だと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

 - 芸能関係