旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

18歳成人はいつから、何がどう変わるの?そのことによるメリット・デメリット

   

18歳を成人とするという民法改正案が2018年6月13日に賛成多数で可決されましたね。
この法案が可決されることにより、日本で明治29年から長らく20歳とされていた成人年齢が、18歳へと引き下げられることとなります。
しかし当の若い年齢層の意見には、不安や心配、まだ早いのではないかという声が多かったり、とある世論調査の結果では半数以上が反対していたりするなど、国民の意識に寄り添った決定であったか、疑問視されるなんていう意見もちらほら聞こえているのが現実なようです。

なぜ今、18歳成人が可決されることになったのか、具体的にどんなことが変わるのか、変わることによるメリッ、ト、注意したいデメリットなどについて、分かりやすくまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

18歳成人が始まるのはいつか?その理由とは

今年、18歳成人に関する民法が可決されたことにより、2022年4月から成人年齢が20歳から18歳へと変わります。
ひと足先に、選挙権が18歳から持てるようになっていたので、関心を持って見守っていたという方も多いかも知れませんね。
ではなぜここへきて18歳成人についての議論がされるようになったのでしょうか?

まずひとつには、高齢化が進む日本で、若者たちに社会的・経済的責任への理解や意識を持ってもらい、活発な日本社会を作って行こうというものです。

しかしもう一方では、税収や労働人口の拡大、消費アップを狙ってという考え方もあるようで、色々な思惑が入り交ざった法案とも考えられるようです。

他にも、大切な選挙権を持つ人間が責任能力のない未成年であるというアンバランスさを解消するため、世界的に約8割の国が18歳成人を採用しているため足並みを揃えるという意味で、男女平等の観点から結婚年齢を男女とも18歳以上にするためなど、様々な考え方が含まれた今回の決定らしいのですが、では具体的にどんなところに波及してくるのでしょうか?

18歳成人で変わることやメリット、デメリット

18歳成人に伴い、変わっていくとされるのは主に以下の事項です。

●親の同意なしでクレジットカードやローンの契約ができるようになります。親の同意なしで契約してしまった場合にも、解約等の措置が取れなくなるそうです。

スポンサーリンク

●18歳で親の同意なしで結婚することができるようになります。そうなると、18歳同士で高校生で学生結婚、なんていうことも、自由にできてしまうわけですね。

●刑法も合わせて改正されると、18歳で少年法が適用されなくなります。大人と同様の刑罰が適用される他、実名報道がされるように変わります。

ここまで見た感じですと、やはりデメリットは、大人並みの責任能力や判断能力が18歳から必要となってくるという点でしょうか?
他には、10年パスポートの取得ができるようになったり、医師、公認会計士、行政書士の資格が取れるようになったり、外国人の帰化、性別変更申請ができるようになるなど、メリットも多くあるようです。

ちなみに、お酒、タバコ、ギャンブルなどは現状維持で20歳が解禁だそう。少しだけ安心ですね。

成人式はどうなる?

2022年4月には、18~20歳の若者たちが一気に成人するということになりますね。では今後成人式はどうなっていくのでしょうか?

現在の成人の日は1月の第2月曜日。しかしこの時期に高校生の多くは受験の追い込み時期を迎えていて、成人式どころではないのが現実かも知れません。

ではどこか違う日にずらすとして…、最近特に地方などで見られる5月の連休や8月のお盆の時期はどうかという意見もあるそうですが、一方で、成人した高校生が振袖を着て成人式に参加するというのは、今に比べて少なくなってしまうのではという懸念もあるようです。
振袖などを扱う和服業界や着物業界の業務不振に拍車をかけてしまうのではないかと、今から心配の声が上がっているなんていう話もあるとのことで、なかなか一筋縄ではいかないのかも知れませんね。

18歳を迎える当の若者たちだけでなく、様々な業界にも変化をもたらしそうな18歳成人。これからどうなってゆくのか、興味深く見守っていきたいと思います。

まとめ

世の中が変化するときには、不安や心配な面があるのはある程度仕方のないことなのかも知れませんが、デメリットとされる事に振り回されてしまわないよう、今から学校やご家庭でもしっかりと意識や理解を深めておくことが大切かも知れませんね。

将来のある若い年齢層が、社会や経済に積極的に、そして活発かつ円滑に参加していけるような日本になることを願ってやみません!

スポンサーリンク

 - 社会、ニュース