旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

敬老の日のプレゼントに関するマナーと喜ばれる贈り物ランキング

   

今年の敬老の日は9月17日。

毎年、何をプレゼントしていいか悩んでいらっしゃる方は、ご紹介するプレゼントをぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

敬老の日のプレゼントは、特別に高額になる必要はありません。
おじいさん、おばあさんを思い、日頃の感謝と喜んでほしいという思を贈ることが大切ですね。

今回は、敬老の日のプレゼントのマナーとして送らないほうがいいもの、もらってうれしかったプレゼントランキングなど見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントのマナーとして送らないほうがいいもの。

・お茶

お茶は、弔辞や香典返しでよく利用されます。
死や別れなどの縁起の悪いものとされている。

・櫛

苦や死を連想し縁起が悪い。

・ハンカチ

漢字で手巾(てぎれ)と書くため「手切れ」を想像され、別れのイメージが強いため。

・下着、靴下、靴など

直接、下に着るもの、肌に触れるもの、靴下や靴など踏みつけるものも目上の相手に失礼になるので贈らない。

・パジャマ

「長く寝る」という意味合いを持つため、「寝付いてしまう」の意味合いから、年配の方には贈らない。

・鉢植えの草花

「根付く=寝付く」縁起が悪いと嫌がられる。
得に病気の方には贈らないこと。

敬老の日のプレゼントでおじいさん、おばあさんが「もらってうれしいプレゼント」ランキング

●おじいさん

・1位:お酒

・2位:洋服や装飾品、

・3位:商品券・ビール券などの金券

・4位:和菓子、その他

・5位:洋菓子

●おばあさん

・1位:花

・2位:その他

・3位:洋服や装飾品

・4位:和菓子

・5位:洋菓子、生活雑貨・日用品

おじいさん、おばあさんにおすすめのプレゼント

おじいさんにおすすめプレゼント

第1:お酒

ビール、焼酎、日本酒など普段手に入りにくい、プレミアムな逸品など高い人気。

第2:花

素敵な花束、お花好きな方には鉢植えのお花、お手入れ不要で長く楽しめるプリザーブドフラワーを。
花を贈られる機会が少ないおじいちゃんには、贈ればインパクト大です。

第3:和菓子

せんべいなど硬いもの、お餅などのどに詰まりやすいもの、糖分が多すぎるものなどは要注意。相手の健康状態と好みを考えて送る。

第4:洋菓子

コーヒーや紅茶が好きな方には、洋菓子。
ちょっと贅沢に彩れるような、素材や生産国にこだわった良質なものを贈りましょう

第5:デジタルグッズ

シニア世代も使いやすい、シンプルな機能のものを。

スポンサーリンク

おばあさんにおすすめプレゼント

第1:花

女性にとってお花は特別な贈り物。
敬老の日にはりんどうの花をプレゼントするのが定番。

りんどうの花は尊敬と健康、長寿の意味を込めて、紫色は高貴な色とされ、尊敬の意味も持つので、敬意と感謝を伝える敬老の日のプレゼントにぴったりです。

ただ、一人暮らしのおばあちゃんには生花でなく、プリザーブドフラワーが最適です。水やりの必要がなく、長い間楽しめるのし、形や色など種類も豊富なので、好みに応じてセレクトしてみてはどうでしょう。

第2:洋菓子

高級プリンやプレミアムアイスなど、普段は食べないちょっと贅沢な品を。
幸せの象徴とも言われるバームクーヘンは、切った断面が木の年輪が積み重なっていくように見えて、長寿をイメージし人気。
幸せの象徴とも言われるバームクーヘンは、「歳をとっても幸せでいてね」と長寿をイメージしたメッセージもこめられているし、日持ちするので人気です。

第3:和菓子

素材にこだわった上質なものを選べば、舌の肥えたおばあちゃんにも喜んでもらえるはず。念のため、のどに詰まりやすいものは避けましょう。和菓子に合うお茶をセットにして贈るのもおすすめ。

第4:バッグ

たくさん持っていらっしゃるはずなので、新しい機能を備えたものや、デザインがシンプルなものがベターです。

第5:財布

財布は、意外と買い替えないものなので、人から贈られるとうれしいはず。すでに持っているものと形や機能が重複しないように、リサーチをしてから贈りましょう。

第6:帽子やマフラーなどの小物類

「年を重ねてもいつまでも、綺麗でかわいく元気なおばあちゃんでいてね」というメッセージをこめて、帽子、マフラー、スカーフなどがお進め。

寒くなってくるのでマフラーは重宝しますし、スカーフを首元につけるだけで、お洒落になりますよ。

敬老の日をいつから祝ってもらっている?

若くてお孫さんをお持ちになった方の中には、「おじいちゃん、おばあちゃん」と呼ばれ、年寄り扱いされることを嫌がる方もいらっしゃいます。
初めて贈る際には、相手の気持ちを考えてみることも大切ですね。

アンケート結果を見ると、還暦をきっかけに敬老の日を祝ってもらっている方が多いことがわかりました。

1、還暦をきっかけに

2、孫が生まれたのをきっかけに 

3、定年退職をきっかけに 

4、子どもの結婚をきっかけに 

5、古希をきっかけに 

6、喜寿をきっかけに 

7、その他

まとめ

プレゼントは身近なものであっても、いつもより少し特別感を演出した品を選んで、おじいさん、おばあさんにプレゼントすれば、きっと喜んでくれることでしょう。
今年の敬老の日はいつまでも元気でいてほしいおじいさん、おばあさんに、日頃の感謝の気持ちを込めて、プレゼントにメッセージを添えてみても喜ばれることでしょう。
ぜひ素敵なプレゼントを贈ってみてくださいね。

毎年、何をプレゼントしていいか悩んでいらっしゃる方は、ご紹介したプレゼントをぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 - 季節・行事