旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

敬老の日の由来や歴史、何歳から祝う?喜ばれる贈り物

   

高齢化社会と言われて久しい現代の日本。
戦後の復興からこれまでの発展に尽力され、現在ご高齢となった方々の中には、本当に元気な人がたくさんいらっしゃいますね!
そんなお年寄りたちを敬愛してこれまでの労をねぎらい、長寿をお祝いするのが敬老の日です。

ところで敬老の日が始まった日、意外と知られていない、由来や歴史をご紹介しながら、敬老の日を迎えるにあたり知っておくと便利な情報などを、お伝えしていきたいと思いま
す!

スポンサーリンク

敬老の日はいつ?歴史や由来

今年2018年の敬老の日は9月17日。

2002年までは9月15日とされていましたが、2003年よりハッピーマンデー制度により、9月の第3月曜日と定められています。

国民の祝日に関する法律(祝日法)によると、敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」とされていて、敬老精神や老人福祉への関心向上を目的としているようですね。

ところで敬老の日がいつどこで始まったのでしょう?
敬老の日が始まったとされるのは、兵庫県多可郡野間谷村というところ。

この村で1947年の9月15日に開かれた「敬老会」が後の「敬老の日」の始まりといわれています。

この会は、老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしようと開催されたもの。9月15日ころは農作業もひと段落し、気候も良く人が集まりやすい時期ということで決められたそうです。

敬老の日は何歳からお祝いするの?

敬老の日、みなさん何歳くらいからお祝いされているのか、少々気になることはありませんか?今のお年寄りは皆さん元気なので、特に迷ってしまうのではないでしょうか?

実はこの感覚には世代によって少し開きがあるとも言われていて、一概に答えるのは難しいところもあるのだとか。

20~40代の若い世代では60代以上を、60代になると70代以上を敬老の日の対象と考えているという統計などもあるそうで、世代によって少し違いがある模様…。

スポンサーリンク

ただし、若くしてお孫さんがいらっしゃる方などは、40代、50代でも祝ってもらっているという方もいるようなので、普段からの雰囲気やご家庭、ご親戚などの様子をみて、あまり堅苦しく考えすぎなくても良いのかも知れませんね。

ちなみにWHO(世界保健機関)や日本の老人福祉法では、65歳以上を高齢者としているようですので、もし迷ってしまった場合には、ご参考にされてみてはいかがでしょうか?

敬老の日の人気のプレゼントは?

せっかく贈るなら、喜んでもらえるものを贈りたいですよね。人気のプレゼントは一体どんな物なのでしょうか?

やはりダントツで人気なのが、ご家族一緒に外食に出かけることだそう!

普段忙しくてなかなか時間が合わない場合も、祝日なら一家揃って出かけたり、遠方であれば訪ねて行くこともしやすくなりますね。

旅行や電話、ハガキや手紙などももらって嬉しいモノの代表格。やはり品物以上に、一緒に過ごす、話をするなどといった温かなコミュニケーションが喜ばれるようですよ。

プレゼントならば、お花やお酒、和菓子などのスイーツ類が人気だそう。
お洒落なおじいちゃんおばあちゃんならば、身につけられるアクセサリーや、ファッション小物類も人気です。

子どもから親への贈り物なら、3000~5000円くらい

孫から祖父母への贈り物3000円以下くらいの価格帯が多いそうです。あまり値段の張るものよりも、気持ちのこもった贈り物が喜ばれるとも言えそうですね!

まとめ

敬老の日は、普段なかなか口に出すことも少ない感謝の言葉や労いの気持ち、これからも元気で長生きして欲しい気持ちなど、きちんと伝えられるよい機会かも知れませんね。

また、これからますます高齢化へと向かう日本の社会ですから、社会福祉はもとより、自分や家族の将来について改めて見直すにも良いチャンスかも知れません。

私もこれを機に、自分の身のまわりの環境やこれからなど、改めて見つめなおしてみたいと思いました。

スポンサーリンク

 - 季節・行事