旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

ジューンブライドの由来、花嫁の幸せを願って生まれたジンクスとぴったりのお花

   

女性の憧れのひとつでもあるジューンブライド。6月に結婚すると生涯において幸せが続くと言い伝えられていることから、子どもの頃から夢見ていたという方も多いかもしれませんね!

そんなジューンブライドですが、なぜ梅雨真っ只中の時期なのかと少し不思議な気もしてきませんか?しかしそんなジューンブライドには、古くからの言い伝えに由来があり、知れば納得かも知れませんよ。

スポンサーリンク

ジューンブライドの由来はローマ神話?

ジューンブライドの最も有名な由来は、ローマ神話の女神であるユノであると伝えられています。
主神ユピテルの妻であるユノは女性や子ども、家庭の守護神とされ、結婚・出産・育児の象徴なのだとか。
ユノは6月を守る女神でもあり、ユノ(Juno)が、6月を指すJune(ジューン)の語源にもなってます。
この主神ユピテルと女神ユノが結婚する際に執り行われた式が、結婚式のはじまりとも言われているそうで、なんだかロマンティックな言い伝えですね。

ところでジューンブライドの由来にはもうひとつあって、ヨーロッパではその昔、農業が多忙を極める3~5月に結婚することが禁止されていたのだとか。繁忙期を過ぎた6月には禁止令が解かれ、愛する男女が晴れて結ばれていったそうです。ヨーロッパの6月は雨が少なく、暑過ぎず寒過ぎずの結婚式には最も良い季節だそうですよ。

さて、戦後日本にも伝わったジューンブライドですが、さすがに梅雨空の日本ではなかなか広まらなかったそう。
しかし元々天候が悪い6月に閑古鳥の鳴く事が多かったブライダル業界が、ヨーロッパに伝わるジューンブライドに目をつけ、商業的戦略として広めていったのだそうです。
ヨーロッパの言い伝えに比べて、なんだか急に現実的な印象になってしまうのも致し方ないと言ったところですね。

花嫁の幸せを願って生まれたジンクス

ヨーロッパでは、6月は雨が少なく、良い天候が続く季節ですが、日本では6月は梅雨のシーズン。日本では挙式に向かないのでは、考えられますが?

1. 「Mariage pluvieux mariage heureux」

フランスには、「Mariage pluvieux mariage heureux(雨の日の結婚式は幸せをもたらす)」と言うことわざがあります。

結婚式の日に雨が降るのは、これから新郎新婦が流す一生分の涙を神様が流してくれていると考えられているのだとか。 
これだと、雨の多い時期日本では、ピッタリですね。

2. サムシングフォー

ヨーロッパには、「サムシングフォー」と言って花嫁が結婚当日に、4つのものを身につけると幸せになれるといわれています。

・サムシングオールド(なにか古いもの)・・・・・「祖先から受け継がれてきた財産」、

・サムシングニュー(なにか新しいもの)・・・・・「これから始まる新たな生活への 一歩を踏み出す」、

・サムシングボロード(なにか借りたもの)・・・・「幸せな結婚生活を送っている人の幸せにあやかる」、

・サムシングブルー(なにか青いもの)・・・・・・「花嫁の清らかさと誠実な愛情」

3.フラワーシャワー

Guests Throwing Confetti Over Bride And Groom At Wedding

スポンサーリンク

教会から出てくる新郎新婦にゲストが花びらをまいて祝福するセレモニー。
花の香りで周囲を清め幸せを妬む悪魔からふたりを守るおまじないの意味がこめられている。

4.ブーケトス

ブーケトス(bouquet toss)とは、挙式を済ませた花嫁が、後ろ向きになって未婚女性のゲストに向かってブーケを投げることで、ブーケを受け取った女性は近く結婚できるという言い伝え。

ブーケやテーブルを盛り上げる、ウエディングシーンの花々

挙式後、花嫁さんが投げるブーケで、受け取った女性が次の花嫁になれると言われている、”幸せのバトンタッチ”の意味がありますね。

そんな、ウエディングシーンに欠かせない美しい花々は、嬉しいことに6月の時期が最も旬。
ブーケやテーブルを飾る花のチョイスに迷った時のおすすめを、いくつかご紹介します。

ローマ神話の女神ユノを象徴すると言われるユリ。清楚で上品な華やかさは、ブーケにはもちろんテーブルやウエルカムフラワーにもぴったりです。

雨の時期に美しく咲くあじさいは「家族団らん」や「仲良し」などの花言葉を持ち、ウエディングシーンにもぴったり。サムシングブルーにちなんで、ブーケに使われることも多いそうです。

優雅な甘い香りが印象的なライラックもこの時期が旬。他の花との相性も良く、可愛らしい花はもちろんキュートなハート型の葉も人気です。

最近では、定番のラウンドブーケやクラッチブーケのみならず、カラフルな色あしらった、緑の葉を多く盛り込んだナチュラルブーケやワイルドブーケも人気だそうです4。

一生の思い出に残る素敵なブーケに出会える確率は、ジューンブライドの時期が最も高いかも知れませんね!

梅雨の日本、ジューンブライドの夢を叶えるには?

天気などが心配で今ひとつジューンブライドに踏み切れない方に、夢を叶える方法をいくつかご紹介します。

・先に入籍だけ済ませる

6月に籍だけ入れて、結婚式は他の月に行う方も多いそうです。結婚記念日は6月になるので、女神ユノにいつも見守られている気持ちになれそうですね。

・全天候型の式場を選ぶ

インナーガーデンや吹き抜けのテラスなどを完備した、全天候型の結婚式場も増えています。いざ雨の日でも、明るい雰囲気の中で式ができると人気です。

・海外ウエディング

日本以外のヨーロッパやハワイ、バリなどのビーチリゾートは乾季に入ることもあり、6月が結婚式のベストシーズン。思い切って、海外に飛び出しちゃうというのもひとつの方法ですね!

まとめ

一生に一度の結婚式、ジューンブライドの言い伝えに思いをはせながら、幸せの訪れを願ってみたくなりますね!
お気に入りの花々や愛する家族、友人たちに囲まれて、ご自身はもちろん、参列者全員と幸せを共有できる、そんな結婚式が究極の理想かも知れませんね!

スポンサーリンク

 - 季節・行事