旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

割烹と料亭の違い

   

スポンサーリンク

割烹と料亭は高級料理店をイメージしますし、どちらも伝統的な日本料理を出すお店ですが,どこが違うのでしょう。
調べてみました。

割烹とは

「割」には包丁で切る、「烹」は火を使って煮炊き料理と、2つを合わせた熟語です。
包丁で切ることを表す「割」と火を使って煮炊きすることを表す「烹」をあわせた熟語で、日本の伝統的な調理そのものを指す言葉です。

割烹と料亭の違い

割烹

・誕生は、昭和2年創業の京都「浜作」と言われています。
伝統的な日本料理を提供する料理店自体を指して「割烹」と呼ぶこともあります

・カウンターやテーブル席を中心に、客席と調理場が同一スペースに設けられている。

・接客をする人を置かず、板前が直接注文を受け、客の注文に応じて作られる料理が多く、作っている料理を見ながら食べることが出来る。

・「今日のお薦めのネタは?」などと、板前さんとお客が会話しながら、和やかな雰囲気で食事ができる。

・手軽に親しい友人と美味しい料理とお酒をと思えば、小料理屋でしょうかね。

スポンサーリンク

料亭

・料亭は料理を提供する舘(やかた)そのものを指す言葉で、江戸時代中期の深川や浅草で誕生したと言われています。
当時は料理茶屋と呼ばれていたらしく、大名や武士たちが料理を食べながら芸者を呼んでお座敷遊びを楽しんでいたそうです。

・格式に高い座敷で料理を提供する、高級料理店。

・専門の仲居さんがいる

・統的な日本料理で、本膳料理や会席料理などの決められたメニューにそって料理を提供する。

・落ち着いた雰囲気の個室でゆっくり食事を食べることができる。

・個室には、床の間があり、高級な食器や調度品、美術品を揃え、手入れのされた庭園があり、豪華な造りとなっています。

・現在は政治、実業家、著名人、企業の偉い方の宴席などに使われています。

・京都祇園の老舗料亭「菊乃井」が有名です。

まとめ

料亭というと高級感があるので、普通の割烹や飲食店などが料亭と名乗るところが非常に多く、区別しにくいそうです。いずれにしろ、庶民にはとっては、料亭は高根の花ですね。

スポンサーリンク

 - 雑事