旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

梅雨はなぜ雨が降る?名前の由来、メカニズムやお家での過ごし方

   

6月になりそろそろ梅雨入りの時期が気になってきますね。
九州、四国地方は梅雨入りしました。中国地方もまもなくでしょう。例年になく早そうですね。
ジメジメとした梅雨の時期を前に、すでに憂うつな気分になりますね。農耕に恵みをもたらす雨も、ひとたび荒れれば集中豪雨となる昨今の気候です。
なぜ日本には梅雨があり、あんなにも毎日雨が降り止まないのかと、少々疑問に思うことはあります。世界的に見て、梅雨があるのは日本だけなのでしょうか?
そんな梅雨に関する疑問やおすすめの過ごし方など、分かりやすく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

梅雨の名前の由来とは?

梅雨という名前の由来

・中国で梅の実がなる頃に降る雨だから
・カビが生えやすい時期の雨、黴雨(ばいう)から

など、諸説あるようですが、梅の文字が使われるところに、天の恵みである雨を風流に言い表す、日本情緒が垣間見れるようです。

さて、中国で梅の実がなる頃…ということは、中国にも梅雨があるということなのでしょうか?
実は日本特有のものと思われがちな梅雨ですが、中国の長江下流から朝鮮半島、および北海道を除く日本列島に見られる気象現象なのです。
東アジア独特の雨季が梅雨にあたり、中国では梅雨(メイユー)と呼ばれているそうです。

梅雨の時期に雨が降るメカニズム

じめじめとして厄介な梅雨時期の長雨、どのような仕組みになっているのでしょうか?

それには日本の気候に深く関わるふたつの気団が関係しています。
日本の北、オホーツク海付近に存在するオホーツク海気団と太平洋付近に存在する小笠原気団。小笠原気団は太平洋高気圧といった方がピンとくる方も多いかもしれませんね。

北に位置するオホーツク海気団は冷たい風を、一方、小笠原気団からは暖かい風が発生。このふたつの気団から発生する、温度の違う風がぶつかり合って、日本上空に梅雨前線として停滞するのが、ちょうど6月から7月中旬の時期。
ふたつの気団がぶつかると、湿り気をたっぷりと含んだ上昇気流が発生し、分厚い雲を形成します。この雲からしとしとと雨が降り落ちてくるという訳です。

スポンサーリンク

しかも困ったことに、このふたつの気団の勝負はなかなかつかず、決着までに1ヶ月以上も押しあいへし合いをしています。雨の季節が日本全体を駆け抜けるまでには、約2か月ほどもかかってしまうのです。

やがて夏が近づいてくると小笠原気団の太平洋高気圧は次第に勢力を増していきます。パワーアップした小笠原気団にオホーツク海気団は打ち勝つことができなくなりやがて撤退。日本は晴れて梅雨明けを迎えることとなるのです。

梅雨の時期、お家でのおすすめの過ごし方3選

お天気が悪くて出かけたくない、そんな時におすすめのお家での過ごし方をご紹介します。

・読書

お天気が良い季節には出かけることが多く、読みたかった本もついつい溜めてしまいがち。
そんなたまった本をまとめてゆっくりじっくり読むのに、お出かけしにくい梅雨の季節はぴったりです。
本屋さんはもちろん、普段はなかなか出かけない図書館へ出向いて、新しい本や写真集、最近大人にも人気があるという絵本との出会いを楽しむのもおすすめです。

・料理

仕事や育児に忙しく過ごしていると、毎日の食事の支度も簡単に済ませてしまいがちではありませんか?
家にいることの多い梅雨の休日は、ゆっくりと丁寧に食事の支度をするのもおすすめです。
食材にこだわったり、だしを一からとってみたり、隠し包丁など食材の切り方を工夫するなど、普段はなかなかできない工程を楽しんでみてはいかがでしょうか?

・半身浴やアロマ

低気圧の活動が活発になる梅雨の季節は、副交感神経が優位に働き体は自然とお休みモードに。眠かったり、だるさを感じたり、やる気が起きないと感じられることが多くなります。そんな時は半身浴やアロマなどで、ゆっくりとリラックスタイムを過ごすのにぴったりですよ。ご自身を癒す時間がたっぷり取れるのも、お出かけする機会の少ない梅雨の時期の贅沢かもしれませんね!

まとめ

毎日毎日どんよりとしたお天気で、湿気が多く何かと不快な梅雨の時期ですが、植物や大自然にとっては恵みの雨といったところかも知れませんね。
季節が移り行くための、地球上のイベントのひとつと考えると、自然界の大きな力を感じざるを得ません。
迎える夏を楽しみにしながら、梅雨の時期を穏やかにそして快適に過ごして行けたらよいですね!

スポンサーリンク

 - 暮らし