旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

アルミホイルの活用法、キッチンから健康&美容まで目からウロコ!

      2018/05/29

どのご家庭でも常備しているアルミホイル。料理やおにぎりを包んだり、ホイル焼きなどの調理に使ったりと、普段何気なく使っているアルミホイルですが、実はそれだけじゃない、非常に使える万能アイテムだったことをご存知でしたか?
アルミホイルはその便利な使い方を覚えておけば、日常のちょっとした困りごとや、こんな時にあったら便利がカンタンかつスピーディーに解決してしまうほど、とっても使いやすい優秀アイテムですよ!

それでは早速、目からウロコのアルミホイルの便利な活用法について、ご紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

本来はキッチン用品であるアルミホイル。ならば、まずはキッチンを中心としたお料理と、その他の家事への便利な使い方から、おすすめのものを見ていきたいと思います。

・キッチンまわりのお掃除に

クシャッと軽く丸めたアルミホイルは、フライパン(テフロン加工は除く)やお鍋、IH調理器やガスコンロ、シンクや蛇口のお掃除に利用できるそう。しつこい汚れにはクレンザーを含ませて、優しく擦ってあげればピカピカの美しい輝きがキッチンに蘇ります。

・排水口のヌメリとり

アルミには殺菌・抗菌作用があり、排水口のヌメリ取りにもその力を発揮します。
その方法は、小さめに丸めたアルミホイルを2~3個、排水口に入れておくだけ。簡単に試せるのもイイですね!

・揚げ物を美味しく温め直す

一度クシャクシャにし、広げたアルミホイルの上に冷めた揚げ物を置いて、トースターで加熱し温め直すと、余計な油分がアルミホイルの折り目に流れ、カラッと美味しく仕上がります。

・刃物のキレをよくします

切れにくくなったハサミで、2~3枚重ねたアルミホイルを5回ほど切ってみると鋭い切れ味が戻ってきます。
同様に切れにくくなったナイフや包丁もアルミホイルで数回こすると切れやすくなるのだそう、ちょっと切れにくいな、と感じる時に手軽に試せそうですね。

スポンサーリンク

・静電気防止に

衣服の嫌な静電気対策には、アルミホイルをソフトボールほどの大きさに丸めて3個ほど、洗濯物と一緒に乾燥機に入れると良いのだそう。電気を通すアルミホイルが静電気が衣類にたまってしまうのを防ぎます。

アルミホイルを健康美容、歯のホワイトニングにも効果あり?

美容や健康グッズとしても使えるアルミホイル。目からウロコのその使い方とその効果とはどのようなものなのでしょうか?

・毛染めにはラップよりアルミホイル

お家でカラーリングする際の待ち時間には、ラップではなくアルミホイルで髪の毛を包んであげると効果的。
ラップよりも高い保温効果で、キレイな染め上がりになりますよ。

・冷え性対策に

アルミホイルの保温効果は足先の冷え対策にも最適。冷たい足先にアルミホイルを巻いて、その上から厚手の靴下をはけば、みるみるうちに不思議なほどにポカポカしてきます。

・歯のホワイトニングにも

ベーキングパウダー&歯磨き粉&塩を混ぜたものを歯に湿布し、その上からアルミホイルをかぶせて1時間おいてうがいをしたら完了。歯医者さんに行く手間や時間、費用もかからず、お家で手軽に歯が真っ白になるということですので、ぜひ試して見たいですね!

その他にもアイデア次第で使い方いろいろ!

最後にアルミホイルのユニークで楽しく便利な使い方をご紹介!今からでもすぐに試せる楽しいアイデアが満載です。

・即席タッチペンに

スマホやタブレットの操作に便利なタッチペンは、アルミホイルを使って、なんと手づくりできるんです。
鉛筆やボールペンの先に、アルミホイルをふわっと巻いて。あまりキレイになり過ぎないように、ゆるく巻くのが感度よく仕上げるコツです。

・ブーツの消臭

アルミホイルの殺菌・抗菌効果はブーツなどの消臭にも効果あり。アルミホイルをピンポン球大に丸めて、2~3個ブーツに入れておきます。

家庭菜園のアブラムシ対策にも

家庭菜園の大敵とも言えるアブラムシは、キラキラとした明るい光が大嫌い。土の上にくしゃくしゃにしたアルミホイルを広げて引いておくと、光が乱反射しアブラムシを寄せつけません。

まとめ

いつも何となく使っていたアルミホイルですが、こうして見てみると、お料理からお掃除、日常の便利グッズにまで、さまざまな用途に使える優秀アイテムだったと知り、今までのアルミホイルに対する扱いを少々反省する気持ちにすらなりました。
これからは景品などでもらいすぎた場合もありがたく感謝しながら、自分なりの工夫とアイデアで楽しく有効に活用していきたいと思いますね。

スポンサーリンク

 - 暮らし