旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

賢く衣替え ベストな時期や収納方法、コツをご紹介

   

汗ばむ季節になってきましたね!
この時期になるとそろそろ気になってくるのが、衣替えをいつ頃しようかということ。
暑いくらいの日や雨が降って寒い日などを繰り返す、季節の変わり目という事もあって、そのタイミングを見計らうのもなかなか難しいですよね。
押し入れやクローゼットの奥から、洋服を引っ張り出すのも結構な労力が必要とあって、手をつけるのが億劫に…なんていう事も。

そこでこの時期ならではの衣替えの話題を取り上げながら、衣替えのタイミングや簡単な収納方法、そのコツなどを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

衣替えはいつくらいの時期がよい?

一般的に、6/1~9/30までを夏服、10/1~5/31までを冬服の期間とされる衣替えの文化。自分が暑かったら薄着をして、寒ければ温かい格好をすれば良いのでは?と少々不思議にも思える衣替えですが、実はちゃんとした由来があったことをご存知ですか?

日本ではその昔、明治政府が役人・軍人・警察官の制服に対し、夏服・冬服の衣替えを定めたのだとか。その後、明治6年に新暦(太陽暦)となると、夏服が6/1~9/30まで、冬服が10/1~5/31までと定められ、その文化が現代まで続くのだとか。

最近では季節の変わり目の時期に変化があったり、個人の好みによる選択も様々なので、その日付けぴったりにという事も少ないかもそれません。学校の制服でも衣替えに猶予期間が設けてあるところがあるなど、ひとりひとりが快適に過ごせることが大前提になりつつあるのかも知れません。

規則や決まりなどあまり意識しなくてよいのであれば、最高気温が22度以上なら半袖を中心とした夏服を。最高気温が15度を下回る時期ならあたたかな冬服で過ごすのが良いのだとか。
ともあれ季節の移り変わる時期には、脱ぎ着しやすい装いで、臨機応変に対応するのがベストかもしれません。

賢くきれいに収納する方法

スポンサーリンク

衣替えをスムーズに行うためには、クローゼットや押し入れに、衣類をきれいに収納するのが肝心。次回の衣替えがしやすくなり、ストレスも少なくなりますよ。早速そのコツをご紹介していきます。

まずはたたんで収納するものとハンガーにかけたまま収納するものに分類します。
たたんで収納するものは主に、ブラウス・ニット・Tシャツなどのトップス、デニムなどのボトム類、マフラーやストールなどの小物類など。それぞれ収納スペースに合わせてたたみ方を揃え、きれいに並べて見えるように収納します。

ハンガーにかけて収納するものは、コートなどのアウターやスーツ、ワンピースなど。それぞれ同じカテゴリーのものを、ひとまとまりにしておくのはもちろん、同じ長さのものをまとめてかけておくと、その下のスペースを有効活用しやすくなります。

衣替えを行う際のその他にもコツがたくさん

・晴れて湿度が低い日に行う

衣替えはお天気がよく湿度の低いを狙ってするのがおすすめ。ジメジメとした湿気も衣類と一緒に仕舞い込んでしまわないように気をつけましょう。6月の梅雨の時期に入る前、5月中に余裕を持って衣類の入れ替えをしておくと安心ですね。

・不要なものは思い切って処分する

物が多いと衣替えする量も果てしなくなってしまい、気分も億劫になりがち。ですから衣替えのタイミングで、不要なものは処分して常に把握できるくらいの量にしておくといいですね。お気に入りでも2~3年着ていないものは、これから先も着ない可能性が大ですよ。

・きれいに洗濯・クリーニングする

衣替えの前にきれいに洗濯・クリーニングをしておくのが大鉄則!虫が入って穴が開いたり、カビがはえてシミになってしまってはせっかくの衣類も台無しです。
防虫剤はたたんだ衣類の上に置き、クリーニング時に被せられているビニールのカバーは外して通気性をよくしておきます。

まとめ

ついつい面倒で後回しにしてしまいがちな衣替えでしたが、コツをしっかりと抑えればスムーズに行えそうな気がしてきました。季節の変わり目を機会に、自分のワードローブを整理し、不要なものを処分したり、新しいアイテムを追加したりして、毎日のコーディネートを季節感をたっぷり取り入れて楽しみたいと思います!

スポンサーリンク

 - 暮らし