旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

手のケア、基本のステップやUV対策と日常生活で気をつけたいこと

      2018/04/09

すべすべのお肌にスラリと伸びたしなやかな指。女性にとって美しい手肌は憧れのひとつといっても過言ではないですよね。しかしお顔やボディに比べて、毎日のケアを忘れてしまいがちなのもまた事実です。
手の甲には年齢が出やすいなんて話を聞くと、ドキッとしたり、きちんとケアしないとな…とは思いながらも、忙しい毎日の中ではついつい疎かになってしまうということも多いですよね。
そこで今日は美しい手を維持するために、基本のケアやUV対策の大切さ、日常生活で気をつけたい習慣まで、見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

手を美しく保つ、基本のケア

綺麗な手を保つためのケア、どんな風に行えばいいと思いますか?実は答えは簡単、お顔のケアと同じようなケアを手にも行ってあげるとよいのだそうです。
普段から洗顔後に行っている、化粧水→乳液→マッサージなどの基本のフェイスケアを、手にも一緒に行ってあげるといいそうです。

ただし手の甲の皮膚は、顔の皮膚に比べて角質層が厚く、皮脂腺が少ないため皮脂の分泌量も少ない上、真皮が薄くて乾燥しやすいので、お顔用の乳液よりも濃厚なハンドクリームを使うのがおすすめです。指の付け根や爪の両脇なども忘れずに、隅々までクリームを擦り込んであげるようにしましょう。

またマッサージには手を温め血行をよくする効果があるので、若々しく美しい手を維持するのにとっても良いのだとか。マッサージに加えて、指の付け根にある虎口(ここう)や指間穴(しかんけつ)、小指の

第2関節にある命門(めいもん)といった、ツボを押して刺激してあげるのも手や指先の血行促進に有効ですよ。

スポンサーリンク

手の忘れがちなUV対策

手の甲が老けて見える主な理由はシワやシミです。特にシミは一度できてしまうと消すことが難しいのでとても厄介ですよね。シミ・シワや乾燥の大きな原因のひとつが紫外線です。お顔への紫外線対策には余念がないという方でも、手のことは忘れがちではありませんか?

ちょっとしたお出かけの際にも、意識して日焼け止めのクリームやローションなどを手の甲にも塗ってあげましょう。半袖や七分袖などを着る場合は、手首やひじ下など肌が露出する範囲にしっかりと塗っておくといいですね。
これからの時期は一年のうちでも特に紫外線が強い季節になってきます。短時間でも紫外線の影響を受けやすくなるので、UV対策はしっかりと行っておきたいところです。
特に自転車や自動車を運転される方は、手の甲に太陽の日差しが当たりやすいですので、日焼け止めクリームを塗った上から、UV対策用の手袋やグローブなど着用して、二重にガードしておくと安心です。

手のケアで日常の中で気をつけたいこと

美しい手を保つために、日常生活の中で気をつけたいことを、3つほどご紹介します。

・洗い物はぬるま湯で自然乾燥はNG

毎日の洗い物は季節を問わずぬるま湯で行うのがおすすめ。熱すぎるお湯は手の乾燥の原因になりますし、冷水は手を冷やして血行が悪くなりやすいので避けた方が良いようです。塗れた手の自然乾燥は避けて、水分はきちんとタオルでふき取るようにしましょう。

・ゴム手袋やビニール手袋を活用

お風呂掃除や手洗い洗濯、お庭仕事や洗車など、家庭内でのお仕事は何かと手を酷使してしまいがち。そんな時には手の皮膚をしっかりガードしてくれるゴム手袋やビニール手袋を活用するのがおすすめです。用途に合わせて、いくつか用意しておくと使いたい時にさっと使えて便利です。

・規則正しい生活を

バランスの取れた食事や十分な睡眠時間、適度な運動など、一般的に知られている健康的で美容やアンチエイジングに良いとされることは、美しい手を維持するのにも効果的。基本的な内容ですが、この機会に改めて見直してみるのもよいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?普段の生活でちょっとした事に気を配るだけでも、美しく健康的な手先を保つことができそうですね!家事や育児、仕事にと忙しい毎日の中でも少しずつ、小さなことから心がけて、女性らしく美しい手に近づけたらなと改めて思いました。

スポンサーリンク

 - 美容、健康