旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

オリーブオイルのすごい効果や使い方 おいしい食べ方

      2018/03/06

オリーブオイルは食べて美味しく、健康効果も期待でき、ヘアケアやスキンケアにも使えるという万能選手のオイルです。

イタリア料理に使われることが多いオリーブオイルですが、日本でも一般的に広く普及して、常備しているというご家庭も多いかも知れませんね!フレッシュな香りと軽やかな味わいは毎日のお料理にも使いやすいと大人気。
その上、美容と健康にも良いなんてこれはもう使わない手はないと言ってもいいくらいです!

ところで食用と美容用のオリーブオイルって何が違うかご存知ですか?
食用のオイルを美容用にも使うことってできるのでしょうか?
そんな素朴な疑問を解決しながら、オリーブオイルの選び方や使い方、おいしい食べ方など見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

オリーブオイルの効果や選び方とは?

食用と美容用のオリーブオイルは精製方法が違っているので、共用することはできないのだそうです。
食用のものはお腹で消化されますので、高分子で不純物が入っていても問題ありません。味や香りの良さが求められますから、できるだけナチュラルな状態のものが販売されています。
美容用のものはお肌や髪に直接つけて使うので、低分子で不純物もできるだけ取り除いたもの。お肌から浸透させるにはこの低分子というのがポイントになってきます。

オリーブオイルには美容と健康に嬉しい効果がいっぱい!主な美容効果を挙げてみると…

・ビタミンA:乾燥肌の予防・改善
・ビタミンE:アンチエイジング効果
・オレイン酸:人の肌に多く含まれる脂肪酸で肌を美しく健康に保つ

また毎日の食卓にオリーブオイルを取り入れることで、コレステロール低下、便秘改善やダイエット、血圧を下げるなど嬉しい効果が期待できるのだそうです。

オリーブオイルをお肌や髪にはどう使うと効果があるのでしょう。

肌を柔らかく、髪に潤いを与えてくれるオリーブオイル。さっそくおすすめの使い方を見ていきましょう!

お肌に使う場合はマッサージオイルやクレンジングとしての利用がおすすめ。
オリーブオイルだけでは使いにくいという場合は、いつもの化粧水や美容液、クレンジングオイルに数滴たらして使うといいようですよ。

スポンサーリンク

髪にはトリートメントとして、タイルドライ後に揉み込んであげると髪の毛がツヤツヤに。
頭皮をオリーブオイルでマッサージしてあげると、なんと白髪や薄毛の改善にも効果を発揮するそうです。

美容用のオリーブオイルはドラッグストアなどでも販売されていますが、おすすめなのがアロマで使われるキャリアオイル。通常アロマのエッセンシャルオイルを希釈するのに使われるキャリアオイルですが、さらりとして匂いなどもなく、100mlで1000~2000円ぐらいとお手頃なのも嬉しいですね。アロマのお店や通販などで手軽に購入することができます。

オリーブオイルの健康にもいい、おいしい食べ方

美容に健康にも嬉しい効果がいっぱいのオリーブオイル。

加熱して使うのがメインのピュアオイルならば、いつものサラダオイルに変えて炒め物などに普通に使えるので便利ですね。
オリーブオイル独特の香りが気になる場合は、サラダ油と半量ずつブレンドして使うのもおすすめです。

加熱せずにそのままで楽しむエキストラヴァージンオリーブオイルなら、さわやかでナチュラルな味と香りが食卓を華やかにしてくれますよ!シンプルにお酢と塩胡椒を加えてドレッシングに。オリーブオイルに塩を振ってパンにつければ、パンとオリーブオイルの味わいをストレートに楽しめます。

和食とオリーブオイルの相性がいいというのも意外なポイントです。かつお系の出汁やしょう油の香りとも相性がよく、お互いがお互いのよさを引き立て合います。ひじきの煮物や肉じゃが、納豆にかけても何故だか不思議とよく合う!気になる方はぜひお試しくださいね

まとめ

オリーブオイルは1日にスプーンで1~2杯くらいを摂取するのが効果的なのだとか。
いくら美容と健康にいいといっても、摂り過ぎては逆効果になってしまいますので、適量を守って、おいしくヘルシーなオリーブオイル生活を楽しんでみてくださいね!

スポンサーリンク

 - 食物、グルメ