旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

女の子を祝うひな祭り、行事やひな人形の由来、気になるごちそうとは?

      2018/02/22

スポンサーリンク

三月三日はひな祭りですね。女の子のいるご家庭では、ひな人形を飾り、ごちそうを準備して、華やかにお祝いしているという方も多いことと思います。
ひな祭りの日を迎える頃には、季節もだいぶ春へと進み「春が来たんだなあ」と実感されるという方も多いかも知れませんね!
今回はひな祭りに関するあれこれをまとめてみたいと思います。

ひな祭りの由来って?

ひな祭りは別名「桃の節句」とも呼ばれ日本における5節句のひとつです。
平安時代を起源とする五節句(一月七日=人日、三月三日=上巳、五月五日=端午、七月七日=七夕、九月九日=重陽)の1つで、季節の節目とされ、健康長寿や厄除けを願う習わしでした。

もともと三月の上旬だった上巳の節句には、草や藁・紙などで作った人形で自分の体を撫でて穢れを移し、これを川に流して厄を祓うという風習がありました。

これは男女を問わず、季節の節目となる厄除けの行事として行われていたのですが、江戸幕府が三月上旬の上巳の節句を三月三日と定め、女の子の健やかな成長と幸せを願う日として制定しました。

女の子が生まれて初めて迎える初節句では、ひな人形を飾ってお祝いするなど、時代の経過とともにその形は少しずつ変化し、現在のひな祭りのお祝いの形となって伝えられているのです。

ひな祭りにはどうしてお雛様を飾るの?

ひな祭りにお雛様を飾るようになったのにはふたつのルーツがあるのだそうです。

まずひとつは、紙で作った人形に自分の穢れを移して身代わりにし水に流して厄を祓う「流しびな」。
もうひとつは、平安時代に貴族の子どどもたちの間で流行っていたままごとのような人形あそび「ひいな遊び」。

このふたつが結びついてやがて男女一対の紙人形へと変化していき、今に伝わるひな人形の原型になったのだそうです。
そして室町時代になると、紙ではなく立派な人形を「飾る」という習わしへ、その形が少しずつ変化して行きます。
桃の節句が女の子のお祝いとされるようになった江戸時代には、男女一対のみならずさらに豪華な人形飾りとなり、嫁入り道具として持参するなどされるようになり、現在のひな人形の文化へとなりました。

ひな祭りのお祝いに、かかせないごちそうは!

・ちらし寿司

スポンサーリンク

ひな祭りのごちそうのメインはやっぱりちらし寿司ですね!豪華な具材や華やかに盛り付けられたその見た目も女の子のお祝いにぴったりの一品です。またちらし寿司には健康によい食材がふんだんに使われており、女の子の健やかな成長への願いが込められているのです。

・はまぐりのお吸い物

はまぐりのお吸い物もひな祭りならではの季節のグルメですよ。実ははまぐりの2枚の貝殻は他の貝殻とは絶対に合わないのだそうです。そのことから良縁に恵まれ、幸せになりますようにとの願いが込められているといわれています。

・ひしもち

カラフルで美しいひしもちもひな祭りらしいお菓子ですよね。ひしもちのキレイな色にはそれぞれこんな意味があるのです。

桃色:上段=山梔子が使われ解毒作用がある
白色:中段=ヒシの実を使い血圧を下げる作用がある
緑色:下段=ヨモギを使い厄祓い・増血作用

その他にも、雛あられ、白酒や甘酒などひな祭りならではのグルメは盛りだくさんあります。この季節になると店舗での取り扱いも多くなるので、ぜひこの時期に味わっておいてはいかがでしょうか?

まとめ

昔の人が女の子の健康を願った気持ちの奥深さが垣間見れるようですね。

子どもの頃は実家でお祝いをしていたけれど、大人になってからはしばらくひな祭りのお祝いなんてしていなかったなあと、懐かしく思い出された方も多いかも知れませんね!
今年のひな祭りは当時を思い出して、ちらし寿司作りにチャレンジしてみたくなる私なのであります!

スポンサーリンク

 - 季節・行事