旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

もうすぐ節分、春の訪れをつげるその由来や豆まきの意味をご紹介!

      2018/02/03

冬の季節を代表する行事のひとつ節分。
「鬼は~外!福は~内!」のおなじみのかけ声とともに、毎年豆まきをしているという方も多いかもしれませんね!しかしなぜこの寒い季節に、お正月も終わってやっと落ち着いてきたこの時期にと、不思議に思えることありませんか?そしてあえて豆をまく理由もなんだか特別な意味がありそうです。

調べてみたところ節分には古くから伝わる奥深い歴史があるようなのですが…、今回はそんな節分にまつわるあれこれを、分かりやすく楽しくお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

節分の由来とは

節分とはその漢字が表すとおり季節の変わり目という意味。季節が移り変わるとされる「節日」は実は年に4回あり、それぞれ立春、立夏、立秋、立冬と呼ばれています。

中でも春へ季節が移り変わる立春は節分の中でも特に尊ばれた灯です。
季節の分かれ目には邪気が入りやすいとされ、特に年の分かれ目はとても大切なものと考えられてきました。旧暦では立春の頃に新年を迎えていたこともあり、季節の分かれ目と年の分かれでもあるこの時期、立春の前の日に節分が行われていたのだそう。

豆まきの行事としては、元々中国で大晦日に行われていた邪気払いの行事が起源です。中国で大晦日に行われたその行事が日本に伝わり、宮中行事としての豆打ちとして行われるようになり、現代に豆まきとして伝えられているのです。

節分にはどうして大豆をまくの。柊鰯(ひいらぎいわし)ってなんでしょう。

日本では古来から穀物や果実には邪気払いの力があると信じられていました。その中でも五穀のひとつとされる大豆は穀霊が宿るとされ、神事に用いられることが多かったそうです。また「マメ」を「魔目」の字に当てて魔(魔は鬼の意味)の目に当てて鬼を退治するとか、「魔滅」の当て字で魔を滅するという意味を込めたとも言われており、一見ダジャレのようですが、そこに人々の願いが込められていたことが垣間見れます。

節分に飾られる「柊鰯」をご存知ですか。

スポンサーリンク

をご存知ですか。こんがり焼いた鰯の頭を柊の小枝に刺し、玄関先に飾るというものなのです。なんだか意外な組み合わせだし、そもそもなぜ魚である鰯を玄関に?と不思議な気もしますね。しかし元来、鬼は生臭いもの(鰯)や、尖ったもの(柊の葉)が苦手と考えられており、玄関先にこれを飾ることで鬼が家に入ってこられなくなるとの言い伝えがあるのだそうで、これにもしっかりと厄除け・魔除けの意味が込められているのですね。

節分に全国区の恵方巻、食べてみませんか

コンビニエンスストアやスーパーでも取り扱われるようになり、節分の大定番メニューと言っても過言ではない恵方巻です。今や誰もが知る恵方巻ですが、どこが発祥の地かご存知ですか。

今や全国的に知られる恵方巻、発祥の地は大阪といわれているのですが、1980年ごろまではそれほど知名度もなく起源もはっきりしないのだそうですが、2000年代に入り、有名コンビニエンスストアが取り扱いを始める瞬く間に人気商品になりました。
定番の太巻き風のものから、魚介をたっぷり使った海鮮巻き風、カルビなどお肉の具材がたっぷりつまったリッチな味わいまで、様々なバリエーションも楽しいですね。

そんな恵方巻ですが、今年の恵方を向いて食べるというのが最大のルールです。2018年の恵方は南南東または南なのだそうで、その他にも恵方巻の作法には願いごとをしながら食べる、一本まるごとを切らずにひとりで一気に食べる、目を閉じて食べる、笑顔で食べるなどいろいろあるようですので、今年の無病息災を願って楽しく美味しく食べてみてはいかがでしょう。

まとめ

日本の伝統行事のひとつである節分。派手さはないけれど、そういえば子どもの頃は豆まきしていたなあなんて懐かしく思い出されますね。改めて由来や意味を考えると、古くからの伝統や新しい一年に対する人々の願いが込められていることが感じられます。今年はそんなことを頭の片隅に、ひと味違った節分を楽しんでみたいと思います。

スポンサーリンク

 - 季節・行事