旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

干し野菜は、栄養価が高くメリットだらけです。

      2018/02/03


美味しい干し野菜が注目されています。
太陽の恵みを借りて作った、美味しい干し野菜は、栄養価も高く保存食として、昔から生活の中で生まれた知恵です。
干し野菜の基本は、野菜を切って天日干しするだけでとっても簡単に作ることができるんですよ。

スポンサーリンク

干し野菜って?

野菜は洗って、水気を切り、必要があれば輪切りなどにカットし、ざるなどの上に並べて天日干しするだけ!
湿度の低い冬の時期は干し野菜作りに最適な季節
水分が抜けて味が凝縮される以外にも、干し野菜が美味しくなる理由があります。その一つは酵素の働きによって甘みが出ること。

野菜に含まれるアミラーゼという酵素は、天日で温められる事によって活性化し、でんぷんを分解してブドウ糖などの糖分を作り出します。この糖分による甘みで、より美味しく感じられるようになるのです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

干し野菜のメリット

1栄養と旨味が凝縮して栄養アップする。
  し野菜にする事で、野菜に含まれるビタミンD・ビタミンB群・カルシウム・鉄分・ナイアシンがアップする
2長期保存が可能!
  干して水分を抜くので、乾物と同じように長期保存できます。
  干し野菜なら、常温でも数週間~半年ほど保存が可能です。
3、おいしくてヘルシー。
4、保存がきくので経済的

干し野菜に適しているもの、適さないもの

●干し野菜に適している野菜
大根・にんじん・ごぼう・レンコンなどの根菜
ピーマン・かぼちゃ・ナス・オクラ
しょうが・にんにくなど香りが強い野菜

●干し野菜にできにくい野菜
水分が多い野菜。
もやし・きゅうり・トマト
(但しトマトは種を取り除けばOK。)

スポンサーリンク

干し野菜の作り方

野菜は洗って、水気を切り、カット並べて天日干しするだけ!
特別な道具は必要ナシ
ベランダや出窓、庭のすみなど日の当たる場所ならどこでもOK
干す際は次のポイント
•カラッとよく晴れた日に干す。日中10時~15時がベストタイム。
•野菜は洗って、水気を切り、必要があればカットしておく。
•通気性の良いざるや新聞紙などの上に間隔を空けて野菜を広げる。

干し野菜を使ったレシピ

そのまま食べても美味しい干し野菜ですが、焼いたり煮たり炒めたり、様々な調理法で楽しむことができます。
簡単なレシピ2点です。

●ひじきと切り干しだいこん、干し人参の煮もの

<材料 〈4人分〉>

芽ひじき・・・・・20g
切り干しだいこん・20g
干しにんじん・・・20g
油揚げ・・・・・・1枚
サラダ油・・・・・少々

・合せ調味料
 だし・・・・カップ200CC
 みりん・・・大さじ2
  酒・・・・・大さじ2
  しょうゆ・・大さじ2 ~2.5
 
<作り方>

1 ひじきは洗い、たっぷりの水につけてもどします。

2 切り干しだいこん、干しにんじんをさっと洗い、カップ1の水に約10分つけてもどします。もどし汁はとりおきます。
3油揚げはさっと熱湯をかけて油抜きし薄切りにします。

5 鍋に油を熱し、(1)、(2)、を入れて、いためます。
(2)のもどし汁と油揚げ、調味料全て入れ、中火で汁気がほとんどなくなるまで煮ます。

●簡単干し野菜のポトフ

ポトフは生の野菜でもおいしいですが、干し野菜で作ると、野菜のうまみが凝縮されていて、とってもおいしいです。

材料(4~5人前)
・ベーコ・・・100g又はウインナー:6本
・玉ねぎ・・・1個
・干し野菜
(大根、人参、かぶ、エリンギ、かぼちゃ、白菜、しめじ、シイタケ)などお好みで
・水・・・・・1000cc
・コンソメ・・(固形2個)
・塩胡椒・・・少々
・オリーブオイル

作り方
・野菜はお好みの大きさに切る。
・鍋にオリーブオイルを入れ、ベーコンを軽く炒める
・鍋に水とコンソメをいれ、野菜をいれ柔らかくなるまで煮る
・塩・コショウで味を調え、ウインナーを入れて、再び煮立ったらできあがりです。

まとめ

干し野菜の基本は、野菜を切って天日干しするだけで、とっても簡単に作ることができるんです。作ってみたいけどなんだか面倒くさそうなんて思っているかたは、電子レンジで作ってみてください。
手順としては、野菜をカットして水気を取り、お皿に並べ、レンジにかけるだけです。
ムラが出来てしまうので注意しましょう

スポンサーリンク

 - 食物、グルメ