旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【野球に一生を捧げた星野仙一さん、今月4日に死去】

   

スポンサーリンク

膵臓がんによる闘病生活が続いていた星野仙一さん、膵臓がんのため今月4日に死去。70歳でした。「燃える男」、「闘将」と呼ばれ、巨人を倒すために野球人生をささげてきた人ですね。さわやかな笑顔が、印象に残ります。
地元、岡山県倉敷の英雄です。私達は誇りに思います。

そんな星野仙一さんに触れてみます。

星野仙一さんのプロフィール

星野仙一(ほしの・せんいち)
日本の野球に一生を捧げた星野仙一投手)、監督。
岡山県出身。
倉敷商業高等学校を経て明治大学政治経済学部経済学科に進学。

野球部の選手として活躍。大学卒業後、ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。数多くのタイトルを獲得し、20年ぶりのドラゴンズ優勝に大きく貢献した。
現役引退後は中日ドラゴンズ、阪神タイガース、北京五輪野球日本代表監督、楽天イーグルス監督などを務めた。
計4度のリーグ優勝を飾り、楽天時代の13年には自身初の日本一に輝いた。

倉敷の英雄、星野仙一記念館

入場料:500円

入り口には星野仙一さんの胸像。

入場の扉には大きな野球の球。

展示室:星野仙一さんの野球での業績を紹介しています。

    星野さんのフィギアや、監督通算1067勝と書いてあるプレートもあります。
    高校、大学時代から中日での現役時代、中日、阪神、北京五輪、楽天の監督時代のグラブやユニフォーム、トロフィーなどが飾られています。

スポンサーリンク

ビデオルーム:星野さんの足跡をまとめたビデオを収録
(子どもの頃に足の悪い級友を毎日おぶって学校に通い、修学旅行にも連れて行った話しなど等)

倉敷市は星野仙一氏の地元で、彼は地元の英雄ですね。

星野仙一さんは打倒巨人に燃えた闘将であり、気迫あふれる行動など、その原点がこの記念館にあるように思われますね。

星野仙一さんの名言

・人を愛せ。人を信じよ。人を生かせ。人を褒めよ

・当どんな時でも過去ではなく、未来をイメージし続けよう。そのためにも、目標に少しでも近づけることを、どんな時でも確実にやっていこう。その積み重ねが後になって必ず役に立ってくるたり前の事を当たり前にやるだけ、ただし本気で

・大変という意味は大きく変わるということ。ピンチはチャンスの前触れ。大難を忍ぶ者は、大善を引き起こす

・厳しさ7割、優しさ3割。これが本当の愛情なのだと思う

・一生懸命というのは自分で決めるものではない、他人に認められて初めて一生懸命と言えるんだ

・弱気は相手を強気にさせる、弱気は強気に押し切られる、強気は弱気を制していく、強気は強気を押し退ける

・夢中になれる仕事自体が見つからないと言うことに対して、見つけることよりも、やってみることが大事なんだ。少しでも好きに慣れそうな仕事に、とりあえずチャレンジしてみる

・やるべきことだと思っていることを、本気になってやっていかなければ自分の人生も、なにひとつ変わっていきはしないのである。本気か、本気でないのかが人生の分かれ道だ

・もし夢に挫折しそうな者がいたら、あらゆる手段で上を向かせよ。その為なら鉄拳制裁もやむを得ない。それこそが真の愛情である

・迷ったら前へ。苦しかったら前に。つらかったら前に。後悔するのはそのあと、そのずっと後でいい

・いま、子供を叱れない、生徒を叱れない、部下を叱れない人がいる。何やってんの。叱ることが愛情だよ。

スポンサーリンク

 - 人物、歴史