旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【重箱の由来は何、おせちは重箱に詰めないとダメなの】

   

おせち料理と言えば、豪華な重箱に詰められているのをイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、どうしておせちは重箱に詰められているのかご存知ですか?
その理由は、「めでたさが重なるように」という願い以外に、もっと実用的な理由があったんです!
現代では重箱を持たないご家庭も多くなってきましたが、おせち料理は重箱に詰めなければいけないのでしょうか?

今回は、重箱の由来と重箱に詰める理由をご紹介いたします!

スポンサーリンク

どうしておせちを重箱に詰めるの?

おせち料理の起源は弥生時代にまで遡ります。
豊作や大漁を神様に感謝してお供えしていたものを「節供(せっく)」と呼びました。
その節供がおせちの起源だと言われています。

現代の私達のように、お正月におせち料理を食べる風習が広がったのは江戸時代のことです。
さらに明治時代以降には、おせち料理を重箱に詰めるようになります。
これは、「めでたさが重なるように」との思いが込められています。

また、現代のようにラップなどが無かったため、蓋付きの重箱は保存に適していました。
収納にも場所を取らず重ねる事ができるのも、量の多いおせち料理を詰めるのに採用された理由です。

おせちを詰める段数にも意味がある

利便性や縁起担ぎなど様々な理由があって、お正月のおせち料理に重箱が利用されてきました。
重箱と言えば、何段か重ねられているのが一般的ですが、正式には四段と決まっています。
そして段数には、それぞれ意味があるのをご存知ですか?

では、それぞれの段数に込められた意味と、詰める物を一緒に見て行きましょう。

一の重

重箱の一段目は「祝い肴」と呼び、黒豆や数の子・田作りなどお酒のおつまみになる物を詰めていきます。

二の重

重箱の二段目は「口取り肴」と呼び、子供から大人まで食べる事ができる栗きんとんやかまぼこ、伊達巻・甘味を聞かせた煮物などを詰めます。


三の重

スポンサーリンク

重箱の三の重には、海や川の幸の焼き物を詰めていきます。
出世魚である鰤や鯛、エビなどが詰められることが多いようです。

与の重

重箱の四段目ですが、四は死を連想させ縁起が悪い事から「与」の字が当てられます。
与の重には、山の幸の煮物を詰めていきます。
昆布巻きや椎茸、豆腐や蒟蒻、慈姑などを詰める事が多いようです。

おせち料理は重箱に詰めないとダメ?

めでたい意味のある重箱ですが、現代では重箱が無いご家庭も少なくありません。
その場合、おせち料理はどうすれば良いのでしょうか?

おせち料理は、江戸時代に重箱に詰めるようになりましたが、必ず重箱に詰めなければいけないものではありません。
重箱を持たない我が家では、平皿や大皿におせちを盛り付けて食卓に並べています。

しかし、重箱におせちを詰めると見た目の華やかさがあるため、それだけでお正月気分を味わうことができます。
そのため遠方から親戚が集まる場合は、「おもてなし」の意味を込めて重箱におせち料理を詰めて出したほうが良いでしょう。

近年では筆者のように家族だけで正月を祝うご家庭も多くなってきました。
正月に親戚が集まって過ごすのか、それとも家族だけで過ごすのかによって、臨機応変に重箱を使用するかどうか決めると良いでしょう。

重箱はお正月だけじゃない!?重箱の活用法とは

お正月におせちを詰めるだけのために重箱を購入するのは、なんだか勿体ないですよね。
大きさや段数によって値段は異なりますが、3,000~10,000円程度する重箱は、他に活用する方法はないのでしょうか。

運動会やピクニック

重箱と聞くと、おせち料理以外に運動会を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
近年、衛生面からお弁当を持参させない幼稚園や小学校も多いですが、今もなお運動会では家族揃って校庭でお弁当を食べるところもあります。

また、重箱は家族で行く行楽やピクニックにピッタリなんです!
スペースに限りのあるレジャーシートの上でも、場所を取らずにスムーズにおかずやおにぎりを取ることができます。

パーティーやお祝い

ホームパーティーや家族の誕生日などでも、重箱は大活躍します。
いつもの料理も、重箱に盛り付けることで高見えするので、拘って料理を作らなくても豪華なご馳走に魅せることができるんです!

まとめ

おせち料理は、必ず重箱に詰めなければいけないものではありません。
しかし見た目の華やかさがあるため、遠方から親戚縁者が集まってお正月を祝う場合は、重箱におせちを詰めて出したほうが見栄えがよくなります。

重箱はお正月以外にも、運動会やピクニックなどでも大活躍します。
重箱を持たないご家庭でも、今年は重箱の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

 - 食物、グルメ