旬なニュース、情報

季節行事や健康、暮らしに関するお役立ち情報のブログです。新生活準備や風邪の予防法に至るまで季節に合った旬なニュースを配信。読んでいて楽しく、勉強になる記事が満載!たくさんの旬な情報を仕入れることができます。

*

【手間をかけないラクチンおせちの作り方】

      2017/12/26

スポンサーリンク

お正月に食べるおせち料理は手間隙がかかるもの。
そもそも、何故お正月におせち料理を食べるのでしょうか?

今回は、おせち料理の起源と簡単にできるおせち料理のレシピを3つご紹介いたします!

おせち料理の由来

現代ではお正月に食べる料理のことを「おせち」と言いますが、その起源は古く弥生時代にまで遡ります。

弥生時代の人々は、作物の収獲を季節ごとに神様に感謝し、生活の節目としていました。
自然の恵みや収獲に感謝して、「節供(せっく)と呼ばれる」お供え物を神様にしました。

また供えたものを料理して、大漁や豊作を願って食べた料理のことを「節供料理」と言いました。
この節供料理が、おせちの起源と言われています。

時代の流れで中国から節供の行事が伝わると、元旦などの宮中行事の際に「節会(せちえ)」と呼ばれる宴が開かれるようになりました。

この節会で振舞われた料理を「御節供(おせちく)」と言い、その後省略され「おせち」と呼ばれるようになりました。

江戸時代に入り、この宮中行事が庶民の生活に取り入れられるようになり、おせち料理は正月には欠かせないものとなりました。
そのため、おせち料理は「御節料理」と現代でも書くんですね!

手間をかけないラクチンおせちの作り方

「おせち料理はなんだか手間がかかりそう・・・」と思っている人も多いですよね。
なかなかチャレンジする気になれず、毎年出来合いのおせち料理を食べている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、簡単に出来るおせち料理のみをご紹介したします!

炊飯器で作る黒豆の煮物

おせち料理の黒豆は、欠かす事ができないのですが、豆にシワがよらないようにコトコトじっくり時間をかけて煮なければいけないため、手間隙がかかってしまいます。
しかし炊飯器を使えば、簡単に調理することができるんですよ!

<材料>
• 黒豆 200g
• きび砂糖 150g
• 醤油 大匙2
• 酒 大匙2
• 食品用重曹 少々
• 水 500ml

<作り方>
1. 黒豆をよく水洗いしして水気を切る
2. 子鍋に火をかけ、調味料を沸騰させる
3. 沸騰したら火を止め、黒豆を加える
4. 炊飯器に移し、5~6時間炊飯釜の中で放置する
5. おかゆ炊きにし、指で潰れるくらいまで加熱したら完成

ミキサー不要!高野豆腐で伊達巻

スポンサーリンク

伊達巻ははんぺんと卵をミキサーにかけて滑らかになるまでかき混ぜる必要があるため、ミキサーがないご家庭では作ることができません。
そこで高野豆腐を使って伊達巻を作れば、ミキサーがなくても伊達巻を簡単に作ることができますよ!

<材料>

• 高野豆腐 1枚
• 卵 2個
• 砂糖 大匙3
• 醤油 大匙1
• だしの素 小匙1弱

<作り方>
1. 高野豆腐をぬるま湯で戻します
2. 冷水で冷やしながら、水気が少し残るくらいまで絞ります
3. おろし器で高野豆腐を摩り下ろします
4. 摩り下ろしたら、卵と調味料を加えて良く混ぜます
5. 卵焼き器で卵焼きを作るように焼いていきます

レンジで簡単たたきごぼう

煮ることに時間のかかるたたきごぼうも、電子レンジを使えば僅か4分で完成します!
泥付きのごぼうを選んで泥を落としながらタワシで皮を剥くことで、アクを抜く必要がなくなります。
もしアクを抜く場合は、酢水に5分程度つけると早くアクを抜くことができますよ!

<材料>
• 泥付きごぼう 300g1本
• 白いりゴマ 大匙3
• 酢 大匙2
• みりん 大匙1
• 白だし、もしくは3倍濃縮のめんつゆ 大匙1
• 醤油 大匙1

<作り方>
1. ごぼうはタワシを使って擦り洗いをし、3cm幅に4等分します
2. ビニール袋にごぼうを入れて、麺棒などでたたいて潰します
3. 味染みを良くするために、一度水洗いをし、水気を切る
4. 耐熱ボウルにごぼうと調味料を入れ、クッキングシートで全体を覆い、小皿などを落として蓋をします
5. ふんわりとラップをして、600wの電子レンジで3分半加熱します
6. 加熱できたら全体を混ぜ、再び600wで30秒加熱します
7. ゴマを振って和えたら完成です

まとめ

おせち料理は、本来は弥生時代に豊作や大漁を神様に感謝して供えていた「節供」が起源と言われています。
江戸時代に入り、庶民の生活におせち料理が取り入れられたことで、全国的に正月におせちを食べる風習が広がりました。

「おせち料理は手間隙がかかってメンドクサイ」と感じている人は多く、近年では出来合いのおせち料理で済ましている人が多くなりました。

実は、炊飯器や電子レンジなどを使用すれば、おせち料理を簡単に作ることができます。
今回ご紹介した「黒豆」「伊達巻」「たたきごぼう」はおせちには欠かせませんよね。
とても簡単にできるレシピですので、今年のおせち料理は手作りしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 - 食物、グルメ